GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

自主練会

1vs1で飛び込む?ステイする?~「判断の基準」はありますか?~@GK自主練会

投稿日:

相手FWとの1vs1の場面

GKは飛ぶこむのか、ステイするのか

1つの判断で試合が決まります・・・

こんにちは、Atsuya です。

今回は2020年3月11日に行ったGK自主練会の内容についてブログを書いていきます。

テーマは「1vs1(ブロッキングとフロントダイブ)」です。

GKは1vs1の場面ではボールを奪いに行くのか、ステイして守るのかの判断をしなければいけません。

僕が意識している判断の基準は、「3~4mの間合い」に持ち込まないことです。

この間合は、シュートに対して反応もできないし、ブロッキングでコースを消すことができないからです。

今回の自主練では「間合い」を意識しながら行いました。

こちらが自主練の概要です。👇

W-up

  • フロントダイブ
  • ブロッキング

トレーニング1

  • パス→フロントダイブ
  • パス→ブロッキング

トレーニング2

  • クロスボール→1vs1

メイントレーニング

  • 1vs1 or シュートストップ

 

では、トレーニングの内容を具体的に解説しています。

W-up

フロントダイブ

人数

1vs1GK

やり方
  1. お互い対面になる
  2. 配球者がやや大きめにボールコントロールを行う
  3. GKはフロントダイブを行う
ポイント

ボールに対して「点」でアプローチする。

地面を蹴りボールにダイブする。

ブロッキング

人数

1vs1GK

やり方
  1. お互い対面になる
  2. 配球者が左右どちらかのゴールに向かって、ボールコントロールを行いシュートを打つ
  3. GKはステップを踏み、ブロッキングでゴールを守る
ポイント

サイドステップを使って対応する。

足をクロスしている最中にシュートを打たれると反応できないため。

 

ブロッキングの技術的なポイント
  • 股を横からを閉じる
  • やや前重心(背中は丸めない)
  • 手の位置は体の横、さらに下に構える
  • 地面についている方の足首は伸ばす
  • 反応する時は手だけではなく、肘も使って守る

 

GK自主練会で使っている道具はこちら👇

 

トレーニング1

パス→フロントダイブ

人数

2vs1GK

やり方
  1. お互い対面になり、GKの後ろに配球者がいる状態
  2. 配球者がGKの又の間からパスを出す
  3. シューターは必ずファーストタッチを行う
  4. ファーストタッチの状況に応じてボールを奪いに行くのか、ステイするのかを選択する
ポイント

シューターとGKの間合いが3~4mだと反応もできず、ブロッキングでシュートコースを消すことができない。そのため、3~4mの間合いに持ち込まないようにする。

*ファーストタッチをするまでGKは動かない

 

パス→ブロッキング

人数

2vs1GK

やり方
  1. お互い対面になり、GKの後ろに配球者いる状態
  2. 配球者がGKの又の間からパスを出す
  3. シュートに対してGKはブロッキングでゴールを守る
ポイント

ボールを見る意識を持つことで、ボールに正対できる。

*ダイレクトシュートに限定しているため、GKは距離感に応じてブロッキングの種類を選択する。

 

トレーニング2

クロスボール→1vs1

人数

3vs1GK

オーガナイズ

ゴール幅:3〜5m

小さなゴール:ニアポストから3mにコーンを置く(今回のTrでは人形)

マーカをゴールラインから

3m(緑) 5.5m(青) 7m(黄)の場所に置く

やり方
  1. ゴールポストから約7m離れた地点からクロスボール
  2. GKは3mの小さなゴールを守る
  3. エリア内の選手にパスが出たら、GKはその選手と1vs1を行う
ポイント

ニアポストに寄りすぎると、小さなゴールを守ることができない。

相手のファーストタッチの応じて、ボールを奪いに行くのか、ステイするのか「判断」を磨く。

 

メイントレーニング

1vs1 or シュートストップ

人数

3vs1GK

オーガナイズ

ゴール幅:3〜5m

マーカをゴールラインから

4m(青) 5.5m(赤) 7m(黄)の場所に置く

やり方
  1. GKが真ん中の選手にボールを投げる
  2. シュートorパス
  3. GKは状況に応じてプレーを選択する
ポイント

距離感に応じて、ボールを奪いに行くのか、ステイするのか「判断」を磨く。

 

まとめ

今回はシューターとの「間合い」を意識しながら1vs1のトレーニングを行いました。

GKは1vs1の場面ではボールを奪いに行くのか、ステイして守るのかの判断をしなければいけません。

今後も「3~4mの間合い」に持ち込まないことを意識したいと思います。

 

初めて6人で自主練を行いました。

シチュエーションを想定したトレーニングができました。

今回参加してくださったGKの皆様、ありがとうございました。

泥だらけになりながらも楽しく自主練を行うことができました。

👇に自主練会に関する情報が書いてあるので、是非チェックしてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

GK自主練会に関する情報

ゴールキーパーのほとんどは根が真面目です。

そして真面目なゴールキーパーほど試合に向けて一生懸命、準備します。

しかし社会人サッカーでは、GKが充分に練習をできる環境がありません。

だからこそ、真面目に頑張っている人を救いたいという思いからGK自主練会を行っています。

もちろん、どの年代の方が来ていただいても構いません。

高校生、大学生、社会人のゴールキーパーに来ていただきました!!!

 

最後に、GK自主練会に関してのお知らせです!

ブログでも書いていますが、

GKトレーニングは仲間がいなければできません。

今のところ月2、3ぐらいのペースで行っています。

参加条件は特にありませんが、、、強いて上げるなら

  • SNSに投稿しても問題ない
  • GK仲間と円滑にコミュニケーションがとれる
  • サッカーボールは持ってくる(なければ大丈夫です!)
  • 上手くなる気がある!!!!!!!!

ぐらいですかね!

GKコーチはいませんですが、絶対に上手くなると思うので、

もし興味がある方は下記のTwitterより、DMください👇

AtsuyaのTwitter

GK自主練会に関するブログです👇

皆が見ている動画

関連ブログ

100均のボールが大活躍!!!痛くないブロッキング練習 @自主練会

上手くなりたいGKのために!練習ができない時こそインプットを!~GKに読んでほしい書籍7選~

上手くなりたければ○○を履け!~怪我をしないGKになるために~

-自主練会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

起き上がりの1歩目で踏み切れるか?~同一方向の起き上がり方~@GK自主練会

何のために起き上がるのか? 起き上がりの1歩目が踏切足になっていますか? こんにちは、Atsuya です。 今回は2020年2月8日に行ったGK自主練会のトレーニング内容についてブログを書いていきます …

あなたの動き出しは前?後ろ?~無駄のないフロントダイブ~@GK自主練会

フロントダイブでボールを奪うために、一番大切なことは… 「動き出し」 こんにちは、Atsuya です。 今回は2020年2月1日に行ったGK自主練会のトレーニング内容についてブログを書いていきます。 …

数センチ先のボールを触るために~摩擦を無くしたグラウンダーのダイビング~@GK自主練会

ツバメのように低空飛行(地面スレスレ)でグラウンダーのダイビングをしよう! こんにちは、Atsuya です。 今回は2020年2月15日に行ったGK自主練会のトレーニング内容についてブログを書いていき …

100均のボールが大活躍!!!痛くないブロッキング練習 @自主練会

ブロッキングでは技術も必要だが『勇気』も必要である。 その『勇気』がチームを救う。 こんにちは、Atsuyaです。 今回は2020年1月18日に行ったGK自主練会のトレーニング内容についてブログを書い …

逆足の使い方を意識したコラプシング&ダイビング @GK自主練会

ダイビングでは、進行方向とは逆の方の足で重心移動を行う。 コラプシングでは、崩れる方向と逆の足で地面を蹴り体を崩す。 つまり「逆足の使い方」が重要。 こんにちは、Atsuyaです。 今回は2020年1 …