GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK

GKがポゼッションに参加する理由!~最大の理由はゴールを守るため~

投稿日:2019年11月16日 更新日:

こちらの記事は 2019年5月30日 に投稿した記事を2019年11月16日に新しく更新したものになります。

こんにちは、Atsuyaです。

今日は『GKがポゼッションに参加する理由』について書いていきたいと思います。

先日このようなツイートをしました👇

当たり前のことですが、結論から申し上げると

GKがポゼッションに参加する理由は「失点をさける」ためです。

今日はなぜそのようなことを思ったのか

僕自身の体験談も含めて解説していきたいと思います。

☑GKがポゼッションする理由を考えてみた

僕は、小学校(クラブチーム)、中学校(クラブチーム)、高校(部活動)、大学(体育会クラブ)でGKをしてきました。

今も社会人チームでGKをしています。

本格的にサッカーの戦術的なことを習ったのは高校生の時でした。

高校の時のサッカースタイルはラインをコンパクトにし、ショートカウンターを狙うスタイルのサッカーでした。

したがって、後ろからポゼッションしてボールを保持し、ゴールを目指すスタイルではありませんでした。

なのでGKにボールが入ったらクリアするか、近くにいる味方に早くパスを出していました。

僕の技術がないためにこのスタイルになってしまったのかもしれませんが・・・

大学の時は、リスクを最小限にして攻めるスタイルだったので、

GK、DFを含めとりあえず来たボールはFWに当てるかスペースに落とすスタイルでした。

なので大学時代はGKを含めたポゼッションの練習は一度もしたことがありません。

現在所属している社会人サッカーでは最近できたチームで

都リーグ3部に所属しています。

そのサッカースタイルは後ろからポゼッションをして相手ゴールに攻めていくことです。

僕自身もかなり足下のスキルを求められますし、まだまだ分からないことがあるんだなと日々実感しています。

しかし今やっているサッカーは個人的に楽しいです。(笑)

話がそれてしまいましたが、、、

大学の時はポゼッションのミスで失点することはありませんでしたが、

試合中ほとんどの時間、相手がボールを保持している状態でした。

一方、社会人チームではポゼッションのミスから、

危ない場面を作られることは多いが、攻撃の起点になることができています。

そんなことをいろいろ考えているうちに、

なぜGKがポゼッションするか

を考えていました。

そもそもGKの役割ってなんだっけ?

「失点しない」ことだよな・・・

意味もなくクリアしているだけでは、

相手ボールになって攻められる回数が増えて失点する確率が増える。

ポゼッションに固執しているとミスが起こって失点する確率が増える。

僕はこの二つの考えが頭の中で堂々巡りしていました。

そして、ふとひらめいたのがこの考え方です。

失点しないためにポゼッションする

意味もなくクリアしているだけだと相手ボールになって失点する確率が上がる。

今僕がポゼッションするときの判断基準は、

この場面でDF、SB、ボランチなどにパスを出したらこの選手は自分以外にパスコースがあるのか

自分のところでミスが起こらなくても、自分が出した次の選手がミスをしてしまったら失点する確率が上がります。

これはGKのミスでもあります。

僕が思うGKにおいての失点しないためのポゼッションは

リスクを最小限にしつつ、ボールを保持する時間を長くすることです。

「今の場面はショートパスでつないだほうが良かったのかな~」

「それとも簡単にFWまで蹴ったほうがよかったかな~」

って考えることがGKなら絶対あると思います。

そんなときに、総合的に考えて失点しない確率が高い選択肢を選んでみてください。

総合的に考えるという意味は、すべてボールをクリアしていたら総合的に失点する確率が上がるということです。

まとめ

僕自身もこの判断を完璧にできるわけではありません。

プロ選手でもミスはします。

しかし、考えることが重要です。

自分の試合を振り返ることも大事です。

さらに、Jリーグなどの試合をみて

なぜあのGKはショートパスを選択したのか、ロングボールを蹴ったのかを考えることも大事です。

今日のブログ読んで、考えるときの一つの基準にしてもらえれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連ブログ

おすすめの書籍

サッカーゴールキーパー トレーニングメニュー集―スペースを守る、ゴールを守る、配球する! (Soccer clinic+α サッカークリニックDVDシリーズ)
ドイツ式GK技術革新 GK大国に学ぶ「技術」と「理論」
世界最強のゴールキーパー論: GK王国イタリアの技術・戦術・哲学

-GK
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オフ明けからシーズンまでのGKトレーニングについて~1月編~

新シーズンへの準備。 体と心は十分に回復した。 さあ、今年は絶対にリーグ制覇をしよう。 でもシーズンに向けてどんな準備をすればいいのか… こんにちは、Atusyaです。 先日以下のような質問を受けまし …

GKを始めるのに遅すぎることはない

「人生において、何かを始めるのに遅すぎることは何もない!」 こんにちは、Atsuyaです。 先日、中学三年生からこのような質問を受けました。 中学三年生からGKを始めるのって遅いですか? 結論から申し …

10年前の常識が失点の原因?「足で行くな!手で止めろ!」の嘘

こちらの記事は 2019年8月10日 に投稿した記事を2019年9月15日に新しく更新したものになります。 10年前の常識に縛られていませんか? 「キャッチしに行け!!!」 もしあなたがすべてのボール …

指導者の力量が試される?W-upで練習の質が決まる!GKのW-up 15選(ボールフィーリング、コーディネーション等)

指導者はどれだけW-upのストックを持っているかが重要です。 W-upからメインのトレーニングへスムーズに入ることができたら、その日のトレーニングは充実するでしょう。 こんにちは、Atsuyaです。 …

小学生の段階でGKをすべき理由

こちらの記事は 2019年5月29日 に投稿した記事を2019年11月9日に新しく更新したものになります。 こんにちは、Atsuyaです。 今日はサッカーをしている小学生全員がゴールキーパー(GK)を …