GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK 大学トレーニング

フットセーブもセカンドアクションが大事 @獨協大学

投稿日:2019年9月17日 更新日:

手・足・顔・腹、痛くくても死にそうでもゴールを死守しなければならない。

それがゴールキーパーというポジションだ。

こんにちは、Atsuyaです。

本日は2019年9月17日に獨協大学でGKトレーニングを行ったので、それについてブログでまとめていきたいと思います。

近年シュートスピードは格段に上がってきています。時には足でボールを止めなければならない状況もあります。しかし、手で止める練習はするのに足でボールを止める練習をしないのはなぜでしょうか?また足でボールをセーブするということはセカンドアクションが必要です。手でキャッチできないから足でアプローチしているので当たり前ですね。

今回のトレーニングのテーマは 『フットセーブ&セカンドアクション』です。

具体的なトレーニング内容はこちらです👇

W-up

  • テニスボール基礎
  • 片膝立ちフットセーブ基礎

トレーニング

  • フットセーブ→セカンドアクション
  • シュートストップ(フットセーブ or コラプシング)→セカンドアクション

では、具体的な内容とともに解説していきます。

W-up

テニスボール基礎

フットセーブということで、W-upとしてテニスボールで基礎的なボールコントロールを行いました。

意識したこと

  • インサイドでしっかり面を作る
  • 足は思いきり振らずに当てるだけ(野球でいうバントのイメージ)

この2つはフットセーブで意識することと一緒です。

さらにトレーニングではサッカーボール以外のボールを使うことも有効です。

以下のブログで解説しています👇

片膝立ちフットセーブ基礎

続いては、片膝立ちでフットセーブの基礎を行いました。意識すべきことは、先ほどW-upで意識したことの2つと、 それらに加えて無理に前傾姿勢にならず、ボールを止めた後、体のバランスが崩れないようにすることです。

まとめると以下のようになります👇

  • インサイドでしっかり面を作る
  • 足は思いきり振らずに当てるだけ(野球でいうバントのイメージ)
  • 前傾姿勢になりすぎない
  • ボールを止めた後、体のバランスを崩しすぎないように意識する

最後のバランスを崩しすぎないことが非常に重要です。次のトレーニングに繋がります。

トレーニング

フットセーブ→セカンドアクション

ここからがメインのトレーニングです。当たり前のことを書きますが、足でセーブするということは必ずセカンドアクションが必要になります。足でセーブしてキャッチすることはできないと思うので…

そのためこのトレーニングでは、 ボールをセーブした足が次の動作の1歩になるようにと伝えました。

足で止めた後、ボールを見失い、セカンドアクションが遅れがちになります。

なので一つ前のトレーニングで意識した、「ボールを止めた後、体のバランスを崩しすぎないように意識する」ことが重要になります。

となりのゴールでは並行して、反対方向の起き上がりを行いました。

シュートストップ(フットセーブ or コラプシング)→セカンドアクション

本日、最後のトレーニングです。

「フットセーブ」「コラプシング」を用いてシュートストップを行い、そして前回に引き続きセカンドアクションに対するアプローチの仕方を確認しました。

もっと足で止める場面を演出したかったですが…シューターとの距離感や蹴り方などリアリティーにかける部分がありました。今後改善していきたいと思います。

また配球の難しさを改めて実感しました。

まとめ

ブログの冒頭でも書きましたが、近年シュートスピードも上がりGKが足でセーブする場面も増えています。またボールの性質も良くなっているのでGKからしたら厄介です。それでもGKはどんなことをしてもボールを止めなければなりません。

手、足、顔、お腹、すべてを使ってゴールを死守しましょう。

最後に今回のトレーニングでは、ゴールを2つ置いたり、ボールがあちらこちらに行かないように防球ネットを使うなど「場の工夫」が大事だなと実感しました。 時間が限られた中でも充実したトレーニングが行えました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

YouTubeに練習動画を上げているので是非ご覧ください👇

https://www.youtube.com/channel/UCXCoS4OAiZkDbKC9FTYN7tA

みんなが見ている動画

関連ブログ

-GK, 大学トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GKはたった5mのために追い込む。今話題のRECOIL360を使ってトレーニングを行ってみた! @獨協大学 2019/9/3

「GKは走らないから楽でいいよな~」 そんなことを言いう人は赫怒します。 たしかに試合中のフィールドプレーヤーに比べたら走行距離は少ないです。 で・す・が・GKは動き出しが重要です! それがたった5m …

スマホを通して、自分の体を思い通りに動かせるGKになる @自主練会

スマホを通して自分の体を思い通りに動かせるGKを育成していきたいです。 https://twitter.com/Atsuya_gk 僕のtwitterのプロフィールの言葉です。 自分の体を思い通りに動 …

ストライカーだけじゃない?!ブラジルはGK大国だ!

GKと聞いてあなたはどこの国を思い浮かべますか? イタリア?ドイツ?スペイン? 答えはブラジルです。 こんにちでは、ブラジル人GKが世界中で活躍しています。なぜ彼らが世界中のチームで活躍できるのか・・ …

シーズン中のGKトレーニングの構成方法

こちらの記事は 2019年6月24日 に投稿した記事を2019年9月26日に新しく更新したものになります。 こんにちは、Atsuyaです。 先日、以下のような質問を受けました。 シーズン中のトレーニン …

GKの仕事はリアクション!その中で積極的なアクションをするべし!@自主練会

GKの仕事は『リアクション』です。 その『リアクション』の中で積極的な『アクション』をどれだけ起こせるか… こんにちは、Atsuyaです。 今回は都内にある公園でゴールを使わずにトレーニングを行いまし …