GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK

オフ明けからシーズンまでのGKトレーニングについて~2月編~

投稿日:2020年1月8日 更新日:

こんにちは、Atsuyaです。

引き続き、『オフ明けからシーズンまでのGKトレーニングについて』というテーマでブログを書いてきたいと思います。

今回は2月編です!!!

前回のブログでは、オフ明けの1月はどのようにGKはトレーニングを行えば良いのかをまとめました。

シーズンに向けての1月のトレーニングのまとめ
  • 筋肥大や最大筋力向上を目的とした筋力トレーニング(負荷高め・GKトレーニングより先に行う)
  • 頭で理解するようなGKトレーニング(負荷は低いが理解しながら行う・筋力トレーニングの後に行う)

 

もし読んでいない方は是非ご覧ください👇

オフ明けからシーズンまでのGKトレーニングについて~1月編~

では2月はどのようなことを意識してトレーニングを行えば良いのか・・・

結論から申し上げると、

『技術面とフィジカル面を組み合わせるようなトレーニングを行う』

です。

1月のトレーニングでは、『アスリートとしての身体能力の向上』に着目してトレーニングを行いました。

そしてGKの技術面では『昨シーズンの課題を分析し、正しい技術を身につけるために、

頭で理解しながらGKトレーニングを行うこと』と書きました。

そしてプライオリティ(優先性)の原則に基づいて、フィジカルトレーニングを先に行い、GKトレーニングを後に行うべきだと述べました。

プライオリティの原則を簡単に説明すると、トレーニングで「何を目的にするか」でトレーニングの「順番」を決めます。

つまり、1月は『アスリートとしての身体能力の向上』が目的だったので、フィジカルトレーニングを先に行いました。

そして2月はパワーアップした体をGKの技術に応用していくイメージでトレーニングしていきます。

では、深堀していきます。

2月:トレーニングで技術面とフィジカル面を組み合わせる

2月はGKの技術向上を中心にトレーニングを行いましょう。

1月のトレーニングでは、頭で理解しながら技術を習得するようなトレーニングを行ってきました。

さらにフィジカルトレーニングの成果もあり、身体はパワーアップしています。

ですが、それだけでは試合で使えません。

試合で使える技術にするためには、その技術を体に染み込ませなければなりません。

トレーニングでは何の技術を身につけるかを「意識」してトレーニングを行わなければなりません。

しかし、試合中は意識して技術を発揮することはできません。

無意識のうちに、その技術を発揮しています。

それが体に染みついているあなた技術です。

2月は、1月に学んだ正しい技術を無意識に発揮できるようにトレーニングしていくべきです。

技術を体に染み込ませるには、「練習で正しい技術を圧倒的に反復すること」が必要です。

したがってGKトレーニングの負荷が高くなります、

例えば「ダイビングの技術」、「起き上がりの技術」を理解することができたら、

以下のジダ選手のようなトレーニングを行っても良いです👇

 

ダイビングの技術をマスターしたい人はこちらのブログをご覧ください👇

ダイビングに特化!二人で出来る自主トレ15選!

ダイビングトレーニングの参考動画です👇

 

起き上がり方をマスターしたい人はこちらのブログをご覧ください👇

何のために起き上がる?起き上がりの1歩目、2歩目で勝負が決まる!@獨協大学 2019/9/11

 

注意して欲しいことは、正しい技術を理解していないのに無理に反復練習をしないでください。

悪い癖が体に染みつくだけでなく、最悪の場合、怪我をしてしまう可能性があります。


 

次にフィジカルトレーニングですが、1月に負荷の高い筋肥大筋力向上を目的としたトレーニングのおかげで体は大きくなり、筋力も向上していると思います。

ですが、筋肉はトレーニングを続けないと可逆性の原理で元のレベルに落ちていきます。

なので筋肉量と筋力を維持するようなトレーニングを続けなければなりません。

ですが1月のように筋損傷を起こす様子ようなトレーニングを行うと体に負荷がかかり、

GKトレーニングに影響が出てしまいます。

2月はGKトレーニングをメインに行うので、フィジカルトレーニングによる疲労は極力避けたいです。

そのため、2月は1月で行った重さとセット回数を継続させるべきです。

例えば1月にスクワットを100キロ5回3セットやっていたならば、無理に重さを上げずに継続します。

さらにGKトレーニングを先に行っているので、負荷を下げる必要があるかもしれません。

最後に気をつけてほしいことは、ウエイトトレーニングの負荷が下がってもたんぱく質の摂取量を減らさないでくださいね。

食事・運動があったうえでの、トレーニングなので意識してください。

まとめ

本日は『オフ明けからシーズンまでのGKトレーニングについて~2月編~』というテーマでブログを書いていきました。

 

シーズンに向けての2月のトレーニングのまとめ
  • 基本的な動きを理解した上で反復回数を増やしたGKトレーニング(負荷を高くして行う・ウエイトトレーニングの後に行う)
  • 筋力を維持するようなウエイトトレーニングを引き続き行う(負荷は中くらい・筋力トレーニングの後に行う)
  • たんぱく質を摂取量を保つ

 

体は昨シーズンよりパワーアップした状態です。

2月のフィジカルトレーニングではこの体を維持しなければなりません。

そしてGKトレーニングでは正しい技術を圧倒的に反復し、体に染み込ませましょう。

アスリートとしての能力が上がり正しい技術を身に付けたあなたは、昨シーズンより絶対にレベルアップしています。

3月はこのレベルアップした自分をチームに馴染ませます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

3月編はこちらです👇

オフ明けからシーズンまでのGKトレーニングについて~3月編~

参考書籍

使える筋肉・使えない筋肉 理論編―筋トレでつけた筋肉は本当に「使えない」のか?

使える筋肉・使えない筋肉 実技編―強くて使える筋肉をつくるトレーニング法120

-GK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ステップ練習はスピードアップだけではない!歩幅を一定にするためだ!

こちらの記事は 2019年6月9日 に投稿した記事を2019年9月4日に新しく更新したものになります。 こんにちは、Atsuyaです。 今回はGKのステップ練習についてブログを書いていきたいと思います …

小学生の段階でGKをすべき理由

こちらの記事は 2019年5月29日 に投稿した記事を2019年11月9日に新しく更新したものになります。 こんにちは、Atsuyaです。 今日はサッカーをしている小学生全員がゴールキーパー(GK)を …

【GKの心構え】味方は信用するな!

こんにちは、Atsuyaです。 本日は【GKの心構え】味方は信用するな!というテーマでブログを書いていきます。 先日以下のようなツイートをしました👇 【GKの心構え】 味方を「信頼」し …

練習はお金がなくても工夫次第で何とかなる!

「Crazyキャッチがあったらな~」 「あのイングランド代表が使っているバルーンがうちのチームにもあったらな~」 「せめてメディシンボールさえあればな…」 こんにちは、Atsuyaです。 本日は、「練 …

GKが意外と悩むこと…フィールドプレーヤーとゴールキーパーは対等である

タイトル画像:『サッカーキング』より引用 ゴールキーパーでキャプテンマークを巻き、試合中フィールドプレーヤーを後ろから鼓舞し続ける。まさにゴールキーパー全員が一度は夢見る光景ですよね。 Gianlui …