GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK

オフ明けからシーズンまでのGKトレーニングについて~1月編~

投稿日:2020年1月7日 更新日:

新シーズンへの準備。

体と心は十分に回復した。

さあ、今年は絶対にリーグ制覇をしよう。

でもシーズンに向けてどんな準備をすればいいのか…

こんにちは、Atusyaです。

先日以下のような質問を受けました👇

「GKはオフ明けから3月まで、

どんな感じで練習していけいけばいいですか?

大まかな目安があれば、

教えてください」

 

 

今回のブログでは👆の質問に対して答えていきたいと思います。

*前提として、4月からのリーグ戦に向けてコンディションを上げていくことを軸にブログを書いていきます。

その期間に新人戦やトーナメント方式の大会がある場合は御自身でコンディションを調整してください。

この内容はあくまでも僕の経験と知識をもとに書いております。

参考までに。

ブログのの概要はこちらです👇

  • 1月:トレーニングを技術面とフィジカル面について分けて考える
  • 2月:トレーニングで技術面とフィジカル面を組み合わせる
  • 3月:自分自身をチームに適応させる

 

今回のブログでは1月の「トレーニングを技術面とフィジカル面について分けて考える」について解説していきます。

では、深堀していきます。

1月:トレーニングを技面とフィジカル面について分けて考える

1月のトレーニングでは、GKの技術フィジカル向上に分けて考えてみましょう。

フィジカルの向上とは、アスリートしての筋力向上やスピードアップを目的にトレーニングを行います。

例えば、ベンチプレスやスクワットなどの筋肥大系のトレーニングを取り入れてアスリートとしてのフィジカルを向上させます。

根本的にアスリートとしての能力が高くなれば、ゴールキーパーとして活躍できます。

川島永嗣選手も述べていますが、

「実際問題、日本人選手は体格が良くないと言われていますけど、(イケル・)カシージャスは183cmだし、ナバスは185cm、(~省略~)

そう考えれば、日本人GKは体格やフィジカルの面で、もともと決定的に不利なわけでもないんです。

(~省略~)

パワーは身体能力といった要素の基準を上げることは、日本人GKでも絶対に可能だと思うんです」

引用:新GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来

つまり、技術だけに頼るのではなく、技術と同じぐらい身体能力の向上に着目しなければなりません。

そこで1月は筋肥大や最大筋力の向上を目的とした筋力トレーニングを行いましょう。

筋肥大トレーニング👇

筋肥大を目指した筋力トレーニングでは、バーベルやマシンを利用して高重量のものを持ち上げ、筋肉に高負荷をかけることが必要とされていました。しかし最近の研究で、筋肥大に効果的な方法は、1回にあげることができる最大重量(1RM)の70~85%程度の重量で6~15回行うことを1セットとし、これを数セット繰り返すこと、さらにそのセット間のインターバルを短縮することだとわかりました。
大きな筋肥大・筋力増強を目指すには、少なくとも65%1RM以上でのトレーニングを行いましょう。

引用:https://cp.glico.jp/powerpro/training/entry16/

最大筋力向上トレーニング👇

反復回数が1〜5回の重さでそれぞれ1〜5回を3セット以上行うのが理想です。
しかし限界値に近い重量でトレーニングを行うとフォームが乱れるリスクが伴うので、慣れるまでは4回〜5回の重量でメニューを組む事をオススメします。
※その日のコンディションに合わせて限界(余力があれば1回増やす等)まで行うよう心がけてください。

引用:http://healthlab-sports.com/archives/1157

 

GKの技術に関しては昨シーズンの課題を解決し、GKとして身につけたい技術を理解しながらトレーニングを行いましょう。

例えば、ミドルシュートの対応に課題があった場合、

構え方に問題があるのか、足の運び方に問題があるのか、ダイビングに問題があるのかを分析し、

それらを理解し考えながらトレーニングを行わなければいけません。

ただ体は筋力トレーニングによって大きくなろうとしているため、

思い通りには動かないかもしれません。

ですが、それは当たり前のことなのであまり気にしなくて良いです。

間違った型で無理やり反復回数を増やさないでください。

もちろん、スタメン争いで紅白戦などがあると思うので、

それは個人で調整してください。

さらにトレーニングには、プライオリティ(優先性)の原則というのがあります。

簡単に言うと、トレーニングで「何を目的にするか」でトレーニングの順番を決めます。

1月はフィジカルを中心にトレーニングを行いたいので、サッカーのトレーニングより先に筋力トレーニングを行うと良いでしょう。

ゴールキーパの技術の中で一番大切なのはキャッチングです。

まずはキャッチングから技術を見直してみてはいかがでしょうか?

GKにとって大切な「キャッチングの基礎」について以下のブログで詳しく解説しています👇

GKにしか理解できないキャッチングの極意

まとめ

本日は『オフ明けからシーズンまでのGKトレーニングについて~1月編~』というテーマでブログを書いていきました。

シーズンに向けての1月のトレーニングのまとめ
  • 筋肥大や最大筋力向上を目的とした筋力トレーニング(負荷高め・GKトレーニングより先に行う)
  • 頭で理解するようなGKトレーニング(負荷は低いが理解しながら行う・筋力トレーニングの後に行う)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

2月編はこちらです👇

オフ明けからシーズンまでのGKトレーニングについて~2月編~

参考書籍

新GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来

 

-GK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

意外と多い…週一から始める副業GKコーチ!選手に明確な理論を伝えるためにインプットする時間を確保しろ!

副業するのが当たり前の時代。 自分の好きなことを仕事にするために副業をする人、 今より少しだけ贅沢したいから副業する人。 こんにちは、Atsuyaです。 『意外と多い…週一から始める副業GKコーチ!選 …

【選手にとってGKコーチの「技術解説」は単なる情報でしかない】

「キャッチングのやり方は~」 「ダイビングの仕方は~」 「あのコーチなんか言ってるな~」     「せっかく選手たちに教えたのに・・・」 「なぜかわかってくれない・・・」 その理由 …

GKの仕事とは失点する確率を1%ずつ減らすこと

GKというポジションはかっこいい。 頭が良くて、身体能力が高く、メンタルが強い選手にしか務まらないポジション。 こんにちは、Atsuyaです。 本日はGKの仕事についてブログを書いていきたいと思います …

プレジャンプは大きく飛ばないほうが良い

こんにちは、Atsuyaです。 今日はGKのプレジャンプについてブログを書いていきたいと思います。 そもそもプレジャンプとは何なのかを説明したいと思います。 プレジャンプとはSSCの一部みたいなもので …

GKを始めるのに遅すぎることはない

「人生において、何かを始めるのに遅すぎることは何もない!」 こんにちは、Atsuyaです。 先日、中学三年生からこのような質問を受けました。 中学三年生からGKを始めるのって遅いですか? 結論から申し …