GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK技術

GKにしか理解できないオーバーハンドキャッチの極意

投稿日:

よくあのボールキャッチできるよな・・・

GKの技術はGKにしかわからないことがある。

 

ナイスキーパー」より「ナイスキャッチ」と言われたい。(笑)

こんにちは、Atsuyaです。

本日は「GKにしか理解できないオーバーハンドキャッチの極意」というテーマでブログを書いていきたいと思います。

先日以下のようなツイートをしました👇

キャッチング
・手を前に置く(自然と前傾姿勢になる)
・足を肩幅に開く
・脇を開き過ぎない
・足は常に動くように
・お腹のあたりから手を出す(ボールを挟まない)
・ボールを手にはめるイメージ
・はまったら指でボールを掴む

キャッチングの要素をまとめたツイートです。

👆に後3つほど加えたいと思います

  • 指をしっかり開く
  • 両手を同時に出す、バラバラに出さない
  • 親指と人差し指を平行にする

まとめるとこんな感じです👇

■オーバーハンドキャッチ
  • 手を前に置く(自然と前傾姿勢になる)
  • 足を肩幅に開く
  • 脇を開き過ぎない
  • 足は常に動くように
  • お腹のあたりから手を出す(ボールを挟まない)
  • 両手を同時に出す、バラバラに出さない
  • 親指と人差し指を平行にする
  • ボールを手にはめるイメージ
  • 指をしっかり開く
  • はまったら指でボールを掴む

 

今回は、さらに深堀していき、2つのセクションで解説したいと思います。

本日の概要はこちらです👇

■GKにしか理解できないオーバーハンドキャッチの極意
  • キャッチング上半身編
  • キャッチング下半身編

 

では、上記のことを深堀していきます。

キャッチング上半身編

キャッチングをするときに上半身で意識することは3つあります。

  • 構え方
  • 手の出し方
  • ボールのつかみ方

☑構え方

構え方はボールとの距離感シュートに対するアングル

さらにはGKコーチの考え方よって変わることがありますが、基本的には足は肩幅に開きます。

あまりに足を開きすぎると移動しずらくなってしまうので、肩幅ぐらいが丁度いいでしょう。

そして重心は前に持ってきた方がいいですが、無理やり前かがみにしなくても大丈夫です。

理由は以下のツイートで示しました👇

構えについて

構えの時に重心を前にしたほうがいいって言われるけど、手を体の前に置いておけば自然と前傾姿勢になりボールに強くアプローチができる。

上記のツイートの通り、重心を前にしなくても、手を体の前に置いておけば自然と重心が前になります。

なので手は前に置きましょう。


☑手の出し方

ボールを挟みにいく」手の出し方は絶対にしてはいけません。

キャッチミスが起こります。

近年では、ボールスピードが格段に上がってきています。

正面から来たボールに対して、手をボールの側面からアプローチするのは危険です。

普通に考えてキャッチミスが起こります。

そんなこと言っても挟んでしまうよ……

そうならないために、構え方が大事になります。

手を体の前に置いておくだけです。

そうすれば、自然とボールを正面から迎えにいけます。

両手を同時に出すことを意識しましょう。

左右の手をバラバラに出してはいけません。

 

*手を横に置くとどうしても横からアプローチしてしまいます。

そのためキャッチミスが起こります。

もちろん、GKは常にポジションを移動しなければなりません。

手を体の前に置いて移動すると速く動けません。

移動するときは手の位置を変えて構いません。

しかし、ボールは蹴られる直前に手を体の前に置く癖をつけましょう。

 

以下のツイートの動画が参考になります👇

プレジャンプの時に手を体の前に持ってくるイメージですね。

そして脇と肘が開きすぎないようにしましょう。

一直線のイメージでボールへアプローチしないと充分に力が伝わりません。

肩、肘、手首、指を使ってボールをキャッチしましょう。


☑ボールのつかみ方

キャッチングではボールを手にはめるようにキャッチングしろ!っていう人もいます。

僕の中では半分正解で半分間違っていると思います。

手にはめるようにしてボールをキャッチした後、ボールを指でしっかり掴むことが大切です。

手が小さいGKなら、なおさら指と指の間を大きく開いてボールをはめてから掴みましょう。

ボールを掴んだ瞬間に、親指と人差し指が平行になっているか確認しましょう。

さらに6月に以下のようなツイートをしました👇

キャッチングについて
手首や肘でボールを吸収するのはもちろん、最後のボールを「掴む」ことが重要。
ただ手首や肘だけで吸収してたら強いボールはキャッチできない。
キーパーグローブの指の部分が削れることが理想。

ちなみに、以下の写真が僕のグローブです。

僕はキャッチングの時に、親指、中指、小指でボールをつかむことを意識しているのでその部分のパームが削れてしまいます。

どの指に力を入れるかは個人差があると思うので、

キャッチングの練習をするときは指を意識して行いましょう。

そして指でボールをつかんだ後はボールを胸の位置まで持っていきましょう。

ちなみに、僕は写真でもわかる通り、リペアユーザーです。

リペアを使くことでグローブがかなり長持ちするので是非使ってみてください。

 

以下に僕が使っているリペアのリンク張っておきます。

ウール(uhlsport) ウール GKグラブ リペア

まとめ

  • 重心はまっすぐで手を前に置く(自然と前傾になる)
  • 手にボールをはめてから掴む
  • 脇、肘は開きすぎない
  • キャッチした後、ボールを胸に持ってくる

キャッチング下半身編

キャッチングの時に、下半身で意識することは「構え方(つま先の向き)」です。

構え方(つま先の向き)

先ほども述べた通り、構えの時の足の幅は肩幅ぐらいです。

もう一つだけ意識してほしいことがあります。

それはつま先の向きです。

以下の動画をご覧ください。

つま先の方向を見てほしいのですが…少し外に開いてますよね。

つま先がボールの方向に向いてないので

勢いのあるボールに対して、適切にアプローチできていません。

ボールを受けるときに、踵がつま先より内側、

つまりガニ股の姿勢だとボールをキャッチする瞬間に

踵に重心がなってしまいます。

そのためキャッチミスが起こります。

膝とつま先は同じ方向を向け、ボールに対して正対することが大事です。

彼もその場で正面キャッチするときはできていました。

しかし、ステップを入れるとどうしても形が崩れてしまいます。

これは余程細かいところまで意識していないとできないです。

なので普段の練習からつま先の向きまで意識しましょう。

極論、構え方は普通にリラックスして立てばいいだけです。


まとめ

  • 足は肩幅
  • 膝とつま先の向きをそろえる
  • 踵重心にならない

 

今日のまとめ

GKにとってキャッチングは当たり前の技術です。

ですが、それをどこまでこだわれるかか大事です。

どんなボールも平気な顔でキャッチしてしまうGKは本当に素晴らしいです。

まずは皆さんでキャッチングを極めてみませんか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

YouTubeでも動画を載せているので是非ご覧ください!

皆が見ている動画

関連ブログ

 

GKのキックが上手くならないのはあなたのせいかも?

※こちらの記事は 2019年11月17日 に投稿した記事を2020年1月30日に新しく更新したものになります。

-GK技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【構えの準備】とは?プレジャンプは構えを行うための準備である!

プレジャンプは必要か否か? まず必要か否かを考える前にプレジャンプの目的を考えなければいけません。 ではプレジャンプの目的は何か? それは・・・ ゾーンに応じた正しい構えの状態に持っていくためである! …

コラプシングの「やり方・使う場面・セーブできる範囲」徹底解説!

こんにちは、Atsuyaです。 本日は『コラプシングの「やり方・使う場面・セーブできる範囲」徹底解説!』という内容でブログを書いていきたいと思います。 まず初めに・・・ コラプシングとは何なのか? 以 …

順番を変えるだけで劇的に伝わるコーチング

クロスボールが上がる前 味方DFに指示だしたのに・・・ なんでフリーな相手選手がいるの? 試合後 GK:「あの時、俺の指示聞こえた?」 DF:「聞こえたよ、でも俺じゃないと思ってた」 GK:「・・・・ …

クロスボールを制覇する8つの要素 @獨協大学 GKトレーニングより

ゴールキーパーの技術の中で、一番難しい技術とは? それは『クロスボールの処理』である。 なぜならば、クロスボールに対応するために必要な技術がたくさんあるからだ。     こんにちは …

【海外では当たり前!ネガティブステップ(インナー)ダイビングをマスターしよう!】

こんにちは、Atsuyaです。 本日は『海外では当たり前!ネガティブステップ(インナー)ダイビングをマスターしよう!』 ん??? ネガティブステップダイビングってなんだ? 普通のダイビングなら分かるけ …