GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK

GKの楽しみはボールを奪うこと!

投稿日:

GKの楽しさなんて、GKの数だけあると言われれば、なんも言い返せないですが(笑)

やはりGKの楽しさ喜びはボールを奪う、そしてゴールを守ることです。

近年GKの役割は、積極的な裏のボールの処理やビルドアップへの参加などがあります。

もちろん、これもGKの楽しみだと思います。

これに加え、アタックする(ボールを奪う)ことも積極的にできれば、GKというポジションがより一層楽しくなると思います。

ボールを奪うために、ダイビングではどのような姿勢になるか、どのようにボールへアプローチするのか、どのようなポジションを取り、そしてどのように脚を運ぶのかなど・・・

どんなアクションを起こせば、相手からボールを奪えるのかを実行できれば、GKをより楽しむことができるでしょう。

こんにちは、Atsuyaです。

本日は、「GKの楽しみはボールを奪うこと!」についてブログを書いていきたいと思います。

先日以下のようなツイートをしました。

こんなに小さなGKが…

子どもでもアタックする(ボールを奪いにいく)ことは変わらない。

子どもでも大人でも、男でも女でもGKの原理原則は一緒。

結論から申し上げると、

「GKの楽しみはアタックする(ボールを奪いにいく)こと。それは、子どもでも大人でも、男でも女でも変わらない」

です。

今日の概要はこちらです。

  • なぜ僕がアタック(ボールを奪うこと)にこだわるのか?
  • 一冊の本との出会い
  • 子どもにアタックすることを意識させるには?

なぜ僕がアタック(ボールを奪うこと)にこだわるのか?

まずは、僕のtwitterの Pinned Tweet をご覧ください。

ボールに積極的にアタックするGKを育てたい。自分の常識を変えてくれた動画です。日本ではあんまり見たことない練習でした。去年1年間はこれを参考にしました。
Goalkeeper Training – Club Brugge – Sander Krabbendam https://youtu.be/vyaQzvn2oAk @YouTubeより

この動画を見ていただければわかると思いますがボールを奪うこと、つまりアタックすることを意識してトレーニングを行っています。

僕がこの動画に出会ったのは、大学4年生の春です。

1年ちょっと前ですね。

多分この動画で練習しているGKも僕と同じぐらいか、年下だと思います。

この歳でこんな練習しているのかと驚きました。

今まで僕は、ダイビングやクロスボールの処理、1vs1などGKに関する練習は一通りやってきました。

しかし、その練習の根底に「ボールを奪う」という意識があまりありませんでした。

GKを始めて10年して気づくことができました。

気づくの遅すぎ!!!って思われるかもしれませんが、この動画を見てからGKにおけるすべての練習で「ボールを奪う」ことをベースにしています。

一冊の本との出会い

そしてこの動画をまた直後に、本屋でこの本を見つけました。👇

ドイツ式GK技術革新 GK大国に学ぶ「技術」と「理論」

この本にはボールを奪う(アタック)することについて詳しく書いてありました。

ドイツ代表のGKを参考にして、アタックすることについて詳しく書いていました。

具体的に、この本を読んでクロスボールの処理での考え方が一気に変わりました。

その時まで僕はクロスボールでの練習では「最高到達点で取ること」を意識していました。

しかしこの本を読んで、クロスボールの処理でもアタックの意識が必要だと学びました。

そして「相手より先に触ること」を意識するようになりました。

その結果、「クロスボールの処理」が苦手なプレーではなくなりました。

以下のブログでも解説しているので見てみてください!

子どもにアタックすることを意識させるには?

子どもにアタックの技術を身につけてもらうためには、工夫が必要です。

ボールにアタックする技術は男女問わず、さらには子供にも当てはまるGKの原則。
ただ工夫しないとボールを怖がってGKを辞めてしまう選手もいるかもしれない。
プロ選手でも柔らかいボールを使っている。

アタックする(ボールを奪いに行く)ことは、時には相手の足下に飛び込むというシチュエーションも出てきます。

これは子ども、女子からしてもかなり怖いことです。

この恐怖を超えた先にゴールを守る、ボールを奪うという結果を得られるが、その恐怖心に耐えられずGK辞めてしまう選手もいるかもしれません。

僕でもサッカーボールが怖いこともあります。

ただ、その先の達成感を知っているので怖くても逃げません。

GKコーチとして教える時には自分の間隔は当てになりません。

GKコーチとして工夫が絶対に必要です。

イングランドの代表チームでも柔らかいゴムボールを使っているので、もしあなたが女子や子どもに教えるのであれば工夫をしてください。

そうすれば、いつかその選手はボールに恐れることのない素晴らしいGKになるでしょう。

まとめ

やはりGKの楽しさはやはりゴールを守ること。

ゴールを守るために私たちは日々、ダイビングやクロスボール、1vs1を練習しています。

しかしその練習の根底にはボールを奪う(アタックする)という意識がなければなりません。

どんな練習をするにしても、アタックすること相手からボールを奪うことを意識して練習をしましょう!

関連ブログ

-GK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

何のために起き上がる?起き上がりの1歩目、2歩目で勝負が決まる!@獨協大学 2019/9/11

『何のために起き上がるのか?』 それは『次のアクションを力強く行うため』である。 こんにちは、Atsuyaです。 本日は2019年9月11日に獨協大学でGKトレーニングを行ったので、それについてブログ …

フットセーブもセカンドアクションが大事 @獨協大学

手・足・顔・腹、痛くくても死にそうでもゴールを死守しなければならない。 それがゴールキーパーというポジションだ。 こんにちは、Atsuyaです。 本日は2019年9月17日に獨協大学でGKトレーニング …

選手の怪我を知るのもGKコーチの仕事

こんにちは、Atsuyaです。 先日このようなツイートをしました。 結論から申し上げると、 「GKコーチはGK選手の些細な怪我を見落としてはいけないこと」です。 そして些細な怪我を見つけるためには、正 …

二度でも三度でも止める! 『セカンドアクションと1vs1』@獨協大学 2019/9/13

GKは一度のみならず、二度三度シュートを止めなければならない場面が試合中に多々あります。 皆さんは状況に応じて適切なアクションを起こせていますか? こんにちは、Atsuyaです。 本日は2019年9月 …

意外と多い…週一から始める副業GKコーチ!選手に明確な理論を伝えるためにインプットする時間を確保しろ!

副業するのが当たり前の時代。 自分の好きなことを仕事にするために副業をする人、 今より少しだけ贅沢したいから副業する人。 こんにちは、Atsuyaです。 『意外と多い…週一から始める副業GKコーチ!選 …