GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK技術 大学トレーニング

クロスボールを制覇する8つの要素 @獨協大学 GKトレーニングより

投稿日:2019年12月13日 更新日:

ゴールキーパーの技術の中で、一番難しい技術とは?

それは『クロスボールの処理』である。

なぜならば、クロスボールに対応するために必要な技術がたくさんあるからだ。

 

 

こんにちは、Atsuyaです。

本日は獨協大学で行った、GKトレーニング(クロスボール)についてまとめていきます。

前回のブログでも少し触れましたが、クロスボールの処理が難しいと感じてしまう理由はなぜなのか?

それは、様々な技術的な要素があるからです。

まとめると以下のようになります。

クロスボールに必要な8つの要素

  • クロスボールに対する身体の向き(ポジショニング)
  • エリア内の状況把握、コーチング
  • 正しく落下地点を予測する
  • 落下地点までステップで歩数を合わせる
  • ジャンプ動作を行う
  • フィジカルコンタクトをする場合がある
  • キャッチングもしくはパンチングの判断をする
  • キャッチングもしくはパンチングの技術を発揮する

 

では、☝の要素を意識しながらトレーニングの解説に移っていきましょう。

トレーニング編

足の運び方を意識したクロスボールの処理

これは足の運び方を意識したトレーニングです。

特にファーサイドへの動き出しを意識しました。

基本的にファーサイドへ移動することは行きたい方向の足から動かします。

この動画(手前の紺色の練習着を着ている選手)の場合、ファーサイドへ移動するときは左足から動かします。

試合中よくあるのがニアサイドからファーサイドへの移動です

ファーサイドに近い足から動かしましょう。

GKは細かいところまで意識することが大切です。

それがGKというポジションです。

 

エリア内の状況把握を意識したクロスボールの処理

こちらはエリア内の状況把握を意識したトレーニングです。

クロスボールが蹴られる前に、GKは『エリア内の状況』を把握しなければなりません。

ですが、常にオン・ザ・ボールの状況ではなかなかエリア内の状況を把握することはできません。

またボールの移動中に中の状況を確認することもできますが、失点するリスクが増える可能性があります。

以下の動画をご覧ください👇

首を振って状況を確認すると、ダイレクトで蹴られたボールに対して対応できない場合があります。

このトレーニングのポイントは身体の向き目の動きだけで中の状況を確認することです。

首を振ることは最低限に抑えようと伝えました。

中にいる人が黄色か赤のコーンを上げるのでボールの移動中に確認し色を答えます。

身体の向きを意識したクロスボールの処理

このトレーニングでは身体の向きを意識して行いました。

さらにニアサイド、ファーサイドどちらにも動けるポジショニングを取ることも意識しました。

正面キャッチをした後、サイドラダーを行います。

サイドラダーを終えた後、身体の向きはサイドのボールに正対しなくなります。

その状態からニアサイド、ファーサイド両方のボールに対応します。

本来であれば、赤いコーンのところは人形を使ってより実践に近い形でトレーニングを行いたかったです。

ボールを投げるタイミングも少し早かったので、改善していきたいと思います。


相手がいる状況でのクロスボールの処理

このトレーニングでは相手がいる状況を想定してクロスボールのトレーニングを行いました。

クロスボールの処理は、時にフィジカルコンタクトを用いる場合もあります。

クロスボールのトレーニングでは、相手がいる状況で行わないと試合では通用しません。

さらに、より実践に近いボールを蹴るためにマーカーの上にボールを置いてインサイドに巻くようなボールを蹴りました。

常に試合を想定してトレーニングを行いましょう。


巻いてくるクロスボールの処理

このトレーニングでは常に「ポジショニング(身体の向き)」を意識しました。

そして巻いてくるボールに対してもライン上に立たないことを伝えました。

 

ライン上に立ってしまうと、どうしても守備範囲が狭くなってしまいます。

ボールがゴールに向かって来ても、自分がどれくらいの『歩数』でニアサイドをケアできるのか、

どのくらいの『歩数』でファーサイドに来たボールに対応できるのかを分かっていれば、

失点することはほぼありません。

ですので、インスイングに巻いてくるボールでもライン上に立つことはほとんどありません。

 

コーナーキックでインスイング巻いてくるボールでもGKから逃げていくボールでも、

基本的に同じポジションに立ちます。

理由はシンプルで、落下地点を見極めればいいだけですし、

その点に対して最短距離でボールにアプローチできれば良いので

基本的には同じポジションに立ちます。

このトレーニングではインサイドで巻いてくるボール蹴るキッカーでも

ゴールライン上には立たないようにと伝えました。

身長が小さいGKにしたら「怖い」と思います。

ですが落下地点を正確に予測し、正しく足を運ぶことができれば小さくても勝てます。

小さいGKこそ正しく正確な技術を身につけることが大切です。


密集エリアを想定したクロストレーニング

密集したエリアでは、パンチングでボールをゴールから遠ざけることも必要です。

しかし、キャッチできる場面はキャッチするべきです。

パンチングでは技術も大事ですが「判断」も非常に重要です。

なぜパンチングにおいて判断が重要なのか・・・

クロスボール(ハイボール)を処理するだけであれば、

わざわざ難易度を上げてまでジャンプしてキャッチしなくてもいいです。

しかしサッカーには相手がいます。

GKにも相手がいますし、味方もいます。

そんな中で「キーパー」とコールしたならば絶対にボールに触らなければなりません。

したがって、クロスボールは相手より先に触ることを意識します。

相手より先に触ることがあった上で『パンチング』の技術が活かされます。

二つのゴールを置いて、クロスボールの処理

ブログの冒頭で紹介した、クロスボールの様々な要素を理解した上でこのトレーニングを行うと良いでしょう。

身体の向きや足の運び方だけではなく、セカンドボールへの対応も意識させました。

GKがパンチングしたボールにも対応しなければなりません。

このトレーニングはチームにGKがたくさんいて、

時間を短縮してやりたいときやより実践的なトレーニングを行いたいときに参考にしてください。

まとめ

では、本日のおさらいを最後にしましょう。

クロスボールに必要な8つの要素

  • クロスボールに対する身体の向き(ポジショニング)
  • エリア内の状況把握、コーチング
  • 正しく落下地点を予測する
  • 落下地点までステップで歩数を合わせる
  • ジャンプ動作を行う
  • フィジカルコンタクトをする場合がある
  • キャッチングもしくはパンチングの判断をする
  • キャッチングもしくはパンチングの技術を発揮する

クロスボールの練習を作成するときは上記のことを参考にしてみてください。

以前のブログでも書きましたが、クロスボールを苦手としているGKがたくさんいます。

その理由として挙げられるのは、圧倒的な『練習不足』です。

ダイビングやシュートストップなどは毎日練習していますよね?

でもクロスボールは最低、週一回しかやらないというGKがたくさんいます。

試合の場合、ダイビングよりクロスボールの処理の方が圧倒的に多いです。

以下のブログで解説しています👇

FP出身のあなたがGKを指導することになったら…キックとハイボールを優先しろ!~質問に答えてみた~

まずは週に2回はクロスボールのトレーニングを行ってみましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

*こちらの記事は 2019年8月8日 に投稿した記事を2019年12月13日に新しく更新したものになります。

皆が見ている動画

関連ブログ

意識を変えればクロスボールの処理は楽勝!『最高到達点』ではなく、『相手より先に触ること』を意識しよう!

クロスボールW-up(11個)だけまとめてみた@獨協大学 7月編

クロスボールの鉄則!落下地点は正確に!動きは速く!

-GK技術, 大学トレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

順番を変えるだけで劇的に伝わるコーチング

クロスボールが上がる前 味方DFに指示だしたのに・・・ なんでフリーな相手選手がいるの? 試合後 GK:「あの時、俺の指示聞こえた?」 DF:「聞こえたよ、でも俺じゃないと思ってた」 GK:「・・・・ …

勝てる「間合い」に持ち込め!1vs1で勝つトレーニング@獨協大学 

1vs1では何を意識していますか? 1vs1で勝つには自分の『間合い』に持ち込むことが大事です。 こんにちは、Atsuyaです。 本日は2019年9月18日に獨協大学でGKトレーニングを行ったので、そ …

GKはたった5mのために追い込む。今話題のRECOIL360を使ってトレーニングを行ってみた! @獨協大学 2019/9/3

「GKは走らないから楽でいいよな~」 そんなことを言いう人は赫怒します。 たしかに試合中のフィールドプレーヤーに比べたら走行距離は少ないです。 で・す・が・GKは動き出しが重要です! それがたった5m …

ダイビングの原則はボールを奪うこと!

小学生や中学生、または大学生や社会人ゴールキーパーに技術指導をする時があります。 その時にこんな質問をされます。   「ダイビングで遠くに飛ぶためにはどうすればいいのか?」   & …

【構えの準備】とは?プレジャンプは構えを行うための準備である!

プレジャンプは必要か否か? まず必要か否かを考える前にプレジャンプの目的を考えなければいけません。 ではプレジャンプの目的は何か? それは・・・ ゾーンに応じた正しい構えの状態に持っていくためである! …