GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK技術

コラプシングの「やり方・使う場面・セーブできる範囲」徹底解説!

投稿日:2020年3月25日 更新日:

こんにちは、Atsuyaです。

本日は『コラプシングの「やり方・使う場面・セーブできる範囲」徹底解説!』という内容でブログを書いていきたいと思います。

まず初めに・・・

コラプシングとは何なのか?

以下ツイートをご覧ください👇

トレーニングのテーマは「コラプシング」です。
collapse: 「崩れ落ちる」という意味です。
ダイビングのように進行方向の足で地面を踏み切るわけではありません。

コラプシングは、崩れる方向の足を上げて、崩れる方の逆足で踏み切りながら体を崩します。

簡単に言うと、、、

コラプシングとはボールに近い方の足を斜め前に出し、体の重心が傾く力を利用して体を倒す技術です。

見たほうがわかりやすいと思うので、、、

プロのGKのコラプシングを見てみましょう!!!(笑)

以下のツイートのテアシュテーゲン選手のコラプシングをご覧ください!

【テアシュテーゲン:コラプシング】
①構えるタイミング!
②脚を抜くより身体を潰す!
③腕と脚の連動!
④目線と身体ライン!
⑤手の出し方!

近い距離のシュートストップはコラプシングが有効!
鋭いコラプシングができるよう練習しよう!

今回のブログでは以下の観点からコラプシングを解説していきたいと思います👇

  • コラプシングのやり方
  • コラプシングを使う場面
  • コラプシングの練習方法

 

では、深堀していきます。

コラプシングのやり方

コラプシングの構え方とやり方をまとめます!

構え方:肩幅よりやや広め(ワイドスタンス)

やり方:倒れたい方向の足を上げて、逆の足で地面を蹴ようにして体を崩す

 

このようにすると上手くできます。

以下のツイートがとてもわかりやすいです👇

コラプシング

下方へ加速するには重力、身体の重さを上手く使う必要があります。

身体の使い方の指導も大切だなと思います。

肩甲骨下制はまずやってみて良い練習だと思ってます。

重力を利用することで、勝手に体は地面の方向に向かいます。

この力を利用するためには、プレジャンプが有効かもしれません。

今後はプレジャンプを使う場面についてもブログを書いていこうと思います。

コラプシングを使う場面

続いて、コラプシングを使う場面とセーブできる範囲をまとめていきましょう!

使う場面:シューターとの距離4.5m〜11m(GKの反応レベルによる)

セーブできる範囲:約4m

 

これが理解できているとGKトレーニングをするときに、より試合に近い形でトレーニングすることができます。

以下のツイートの動画をご覧ください👇

ヤン・ゾマー
一対一のシチュエーションTR

手の位置、かまえがとても良い!
このシチュエーションだからこその
重心と身体の高さ!

身長がゾマーは低いけど足元技術、基礎技術がとても高く素晴らしい選手!

コラプシングとは少し関係ないですが、

近距離で構える時は、手の位置を下にして、手の平を相手に見せるようにして構えるべきです。

手の平を下にする理由は手を下から上にあげる動作だけに限定できるからです。

またGKグローブのパームの部分を相手に見せることで、その選手はシュートコースが狭くなったように感じます。

少しでも相手にプレッシャーをかけていきましょう。

コラプシングの練習方法

最後にコラプシングの基本的なトレーニング方法を一つ解説していきます。

このトレーニングでコラプシングを確実に身につけることができたら、

後はどんなトレーニングをしても大丈夫です。

人数

1vs1GK

やり方
  1. GKの足と足の間にボールを置く
  2. 配球者が方向を指定し速いボールを蹴る
  3. GKはインサイドでボールを蹴り、その勢いを利用して体を崩す
ポイント

進行方向と逆の足が動かないようにする

進行方向とは逆の足で地面を蹴る

GKグローブのパームの部分を相手に見せる(動画ではできていません)

 

まとめ

本日は『コラプシングの「やり方・使う場面・セーブできる範囲」徹底解説!』についてブログを書いていきました。

コラプシングのまとめです👇

構え方:肩幅よりやや広め(ワイドスタンス)

やり方:倒れたい方向の足を上げて、逆の足で地面を蹴ようにして体を崩す

使う場面:シューターとの距離4.5m〜11m(GKの反応レベルによる)

セーブできる範囲:約4m

 

ほとんどのゴールキーパーはコラプシングを知らず知らずのうちにやっています。

知らなくてもシュートを止めることはできますが、知っていればもっとシュートを止めることができます。

ゴールキーパーの基本技術を頭で理解し、身体に染み込ませていきましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

参考書籍

皆が見ている動画

関連ブログ

足を抜くだけじゃない?実は地面を蹴っている!~コラプシング基礎の徹底~@GK自主練会

上手くなりたいGKのために!練習ができない時こそインプットを!~GKに読んでほしい書籍7選~

ダイビングに特化!二人で出来る自主トレ15選!

-GK技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【構えの準備】とは?プレジャンプは構えを行うための準備である!

プレジャンプは必要か否か? まず必要か否かを考える前にプレジャンプの目的を考えなければいけません。 ではプレジャンプの目的は何か? それは・・・ ゾーンに応じた正しい構えの状態に持っていくためである! …

知っていれば誰でもできる!シュートを防ぐ4種類のダイビング

「無知の知」 これは哲学者、ソクラテスの名言である。 自分が「無知であること」を理解できれば、私たちは賢くなれる。 そして上手くなれる。 僕自身もGKに関して知らないことだらけです。 皆さんは、ダイビ …

【1vs1】ゴールキーパーは何をするべきか?

ゴールキーパーにとって、 1vs1の状況は 圧倒的に不利かもしれない。 しかし、相手との間合いを理解し その間合いに応じたテクニックを発揮できれば 1vs1を止めることができるだろ。 そのセーブがチー …

【GKのスーパーセーブが試合の流れを引き寄せる】~「ボールの高さ」を変える弾き方~

ゴールキーパーが体をめいいっぱい伸ばす。 そして、ボールをクロスバーの上へ弾く。 その姿は美しく、チームを勇気を与えるプレーである。 しかし、ボールを弾く「基準」と「やり方」を理解しなければいけません …

PKストップは-1を0にするだけではなく-1を+1に変える

PKを止めれば、自動的にヒーロー PKストップは試合の流れを大きく変える PKを止めることは、-1を0にするだけではなく-1を+1にしてしまうぐらい価値のあるプレーである。   僕はPKが得 …