GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

自主練会

足を抜くだけじゃない?実は地面を蹴っている!~コラプシング基礎の徹底~@GK自主練会

投稿日:

「コラプシングって知ってる???」

「あ~足抜きダイビングみたいなやつでしょ??」

「・・・」

ほとんどのゴールキーパーは知らないうちにコラプシングでシュートストップをしています。

確かに知らなくてもシュートは止めることはできます。

でも、その技術を知っていればセーブ率はもっと上がります。

こんにちは、Atsuyaです。

今回は2020年1月11日に行ったGK自主練会のトレーニング内容についてブログを書いていきます。

トレーニングのテーマは「コラプシング」です。

コラプシングとは・・・

collapse: 「崩れ落ちる」という意味です。

つまり体を崩してゴールをセーブすることです。

ダイビングのように進行方向の足で地面を踏み切るわけではありません。

コラプシングは、崩れる方向の足を上げて、

崩れる方の逆足で踏み切りながら体を崩します。

以下のツイートでも詳しく解説しています👇

キックやGKの技術を専門的に解説している人です!

是非フォローして勉強してみてください!

 

詳しくは今回のブログでもコラプシングについて、自分なりに解説していくのでご覧ください。

こちらがトレーニングの概要です。👇

W-up

  • 正面キャッチ
  • グラウンダーのボールキャッチ

トレーニング

  • コラプシング基礎
  • コラプシング(方向ランダム)
  • 速いボールに対してコラプシング

補強トレーニング

  • 片膝立ちダイビング
  • ワンステップダイビング
  • 連続ダイビング

 

では、トレーニングの内容を具体的に解説しています。

W-up

正面キャッチ

W-upとして、正面キャッチを行いました。

アップですが、ゴールキーパーにとってキャッチングは正確に行わなければいけません。

トレーニングの初めから集中力を高めて行いました。

正面キャッチで意識することは以下の7つです👇

キャッチング
・手を前に置く(自然と前傾姿勢になる)
・足を肩幅に開く
・脇を開き過ぎない
・足は常に動くように
・お腹のあたりから手を出す(ボールを挟まない)
・ボールを手にはめるイメージ
・はまったら指でボールを掴む

引用:GKにしか理解できないキャッチングの極意

 

グラウンダーのボールキャッチ

続いて、グラウンダーのボールキャッチを行いました。

膝より下に来たボールをキャッチする時に意識することです👇

 

グラウンダーのキャッチで意識すること
  • 小指と小指をくっつけるイメージ
  • 脇を開かない
  • 腕で線路のレールを作るイメージ
  • 次のアクションを早く行えるように、膝を無理に地面に着ける必要はない

 

 

トレーニング

コラプシング基礎

ここからメインのトレーニングです。

蹴る方向を指定し、コラプシング基礎を行いました。

先ほども書いたように、

コラプシングとは、collapse:崩れ落ちる。

つまり、体を崩してゴールをセーブすることです。

コラプシングの使う場面や構え方をまとめます👇

  • 使う場面: シューターとの距離が5.5m〜11m(GKの反応レベルによる)
  • セーブできる範囲:地面を踏み切るダイビングでは時間的に間に合わず、フットセーブ(足で止める)では物理的に届かない距離
  • 構え方: 肩幅よりやや広め(ワイドスタンス)
  • やり方: 倒れたい方向の足を上げて、逆の足で地面を蹴ようにして体を崩す

 

コラプシングで体を崩すためには、ある程度勢いが必要です。

勢いを使えるように、足と足の間にボールを置き、そのボールを蹴るようにして体を崩しました。

コラプシング(方向ランダム)

続いて、方向指定をせずにコラプシングを行いました。

しかしコラプシングする際に、あるミスを発見しました。

10秒~ぐらいからご覧ください。

左に崩れる時に、右足と左足が同時に右方向へ移動してから崩しています。

そのせいでセーブできる範囲が狭くなっています。

つまり損をしているということです。

この技術ミスで、ポジショニングが合ってるのにニアをぶち抜かれることが多々ありました。

1月は頭で理解しながら、コラプシングの技術を徹底したいと思います。

 

1月のトレーニングでは、GKとして身につけたい技術を理解しながらトレーニングを行いましょう。

以下のブログで詳しく解説しています👇

オフ明けからシーズンまでのGKトレーニングについて~1月編~

速いボールに対してコラプシング

先ほどのトレーニングで上手くいかなかったので、

方向を指定し、もう一度コラプシングの基礎的な型を意識しながら行いました。

形ができてきたら、ボールのスピードも速くしていきました。

とにかく、反復しました。

補強トレーニング

片膝立ちダイビング

今回のトレーニングはコラプシングがメインでした。

しかし、ダイビングも行いたかったので、補強トレーニングとして行いました。

このトレーニングでは地面を強く蹴ることを意識します。

地面を強く蹴るコツとして、膝をつま先よりも前に出しお尻の位置を踵の上に持ってきます。

そうすることで、重心移動がスムーズになり、地面をしっかりと蹴ることができます。

そしてボールに最短距離で触ることを意識すると必然的に斜め前にアプローチすることが出来ます。

ワンステップダイビング

次にワンステップダイビングです。

先ほどのトレーニングで意識した、重心移動地面を強く蹴ることを意識してトレーニングを行いました。

ダイビングで意識することは以下の5つです👇

  • 進行方向と逆の足からの体重移動を意識する
  • 大股で踏み切りすぎない
  • 手、肘、肩など身体全体を伸ばし切る
  • できるだけ早くボールに触るために、前へアプローチする
  • 浮き玉の場合は、飛んだ瞬間に上の膝をお腹にくっつけるイメージ

引用:ダイビングの原則はボールを奪うこと!

連続ダイビング

最後に、起き上がり動作を含む連続ダイビングを行いました。

反対方向の起き上がりの起き上がりは、非常に難しい技術です。

反対方向の起き上がり
  1. 伸ばし切った腕の肘を少し内側に曲げる
  2. 手の平で地面を押すと同時に、お尻を支点に両足を反対側に持ってくる
  3. 上の足をクロスさせる
  4. クロスしたほうの足と下の手を使って状態を少し上げる。
  5. 状態を少し上げたほうの足でも踏み切れるし、2歩目の足でも踏み切れるようにする

引用:何のために起き上がる?起き上がりの1歩目、2歩目で勝負が決まる!@獨協大学 2019/9/11

反対方向の起き上がりの動画です👇

今までの自主練会では、ダイビングの形を意識してトレーニングを行ってきました。

ある程度、ダイビングの型ができてきたので、

今後はダイビングの後のセカンドアクションのトレーニングもしていきたいと思います。

まとめ

今回は「コラプシング」をテーマにGK自主練会を行いました。

コラプシングのまとめです👇

  • 使う場面: シューターとの距離が5.5m〜11m(GKの反応レベルによる)
  • セーブできる範囲:地面を踏み切るダイビングでは時間的に間に合わず、フットセーブ(足で止める)では物理的に届かない距離
  • 構え方: 肩幅よりやや広め(ワイドスタンス)
  • やり方: 倒れたい方向の足を上げて、逆の足で地面を蹴ようにして体を崩す

 

ほとんどのゴールキーパーはコラプシングを知らず知らずのうちにやっています。

知らなくてもシュートを止めることはできますが、知っていればもっとシュートを止めることができます。

ゴールキーパーの基本技術を頭で理解し、身体に染み込ませていきましょう。

 

GK練習はボールやマーカーなどのトレーニング用具が必要ですが、

GKの仲間も必要です。

自主練会に参加したい!GKのレベルをもっと向上させたいという選手がいましたら

僕のTwitterからDMください👇

AtsuyaのTwitter

基本的に土曜日に都内の公園で行っています!!!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

皆が見ている動画

関連ブログ

GKコーチがいないGKへ!マンツーマントレーニングやってます!!!

知っていれば誰でもできる!シュートを防ぐ4種類のダイビング

真面目な社会人ゴールキーパーの悩み~不安を抱えたまま試合に臨まないために~

-自主練会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンステップダイビングの限界?!インナーダイビングの基礎トレーニング@自主練会

こちらの記事は2019年8月11日に書かれたものです。筆者のコラプシングに関する解釈が間違っていたため訂正させていただきました。 「至近距離のシュートを止めるのが得意!」と言えるGKはどれだけいるでし …

自分の得意な「間合い」を知ること!~ゴールキーパーが1vs1で勝つために~@自主練会

何かを上達しようと思ったとき、 まずは己を知るところから始まります。 GKの1vs1場面でも一緒です。 あなたの得意な間合いを知っていますか? こんにちは、Atsuyaです。 今回も都内の公園でGK自 …

GKの仕事はリアクション!その中で積極的なアクションをするべし!@自主練会

GKの仕事は『リアクション』です。 その『リアクション』の中で積極的な『アクション』をどれだけ起こせるか… こんにちは、Atsuyaです。 今回は都内にある公園でゴールを使わずにトレーニングを行いまし …

反応する時間を稼げ!あえてポジショニング下げる技術をマスターしよう!@自主練会

『相手との距離を詰め、シュートコースを消すことでシュートを止めることができる!』 本当に相手との距離を詰めるだけでシュートを止めることができるのか… こんにちは、Atusyaです。 先日以下のようなツ …

1vs1で飛び込む?ステイする?~「判断の基準」はありますか?~@GK自主練会

相手FWとの1vs1の場面 GKは飛ぶこむのか、ステイするのか 1つの判断で試合が決まります・・・ こんにちは、Atsuya です。 今回は2020年3月11日に行ったGK自主練会の内容についてブログ …