GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK 自主練会

日本人の武器!ステップの鬼!自主練習の会!

投稿日:2019年7月28日 更新日:

外国人に勝る日本人の武器!

それは「ステップワーク

ステップの鬼になりたい!(笑)

こんにちは、Atusyaです。

本日はステップワークを中心に自主練習を行ったので、それについてブログを書いていきたいと思います。

今日は選手としてブログを書きます。(笑)

今回もいつも通り、ゴールを使わずに練習を行いました。

トレーニングのテーマは「ステップワーク」「ダイビングのスピード」です。

ここからは具体的なトレーニング内容について書いていきます。

W-up

ボールフィーリング

トレーニングの初めに、W-upとしてボールフィーリングを行いました。

1人がテニスボールを持ちます。もう一人はテニスボールを2個持ちます。

テニスボールを1つ持っている選手がボールを左手か右手のどちらかにボールを投げます。

もし相手から右手に投げられたら、左手にあるボールを相手に投げて、右手にあるボールを左手に移動させます。そして右手でキャッチします。

ボールフィーリング その2

テニスボールを一つ減らして、サッカーボールでやってみました。


ボールフィーリングwithラダー

『2歩進んで1歩下がる』 これをやりながら身体の周りでボールを回す。

ボールフィーリングwithラダー その2

1つのラダーに対して、両足でステップを刻みます。

ステップを踏んでいる最中に次のボックスにボールを1回バウンドさせます。

これを最後まで繰り返しました。

youtubeで見て簡単そうと思ったけど、やってみたら意外と難しかったです。


サイドラダー→バウンドボール

フットワークのスピードを早くすることと歩幅を一定に保つことを意識しながらステップを踏むことを意識しました。

毎回のトレーニングでステップは欠かさずに入れていこうと思いました。


トレーニング

ラダーを使って逆脚を意識したダイビング

先日以下のようなツイートをしました。

ダイビングについて

ダイビングは進行方向の脚だけで飛ぶわけではないですよね。
進行方向の逆の脚から進行方向の脚へとしっかり体重移動させなければなりません。

とん、とん、とんっ!のリズムを意識して行いました。

大学でスポーツオノマトペについて勉強したなとふと思いました。

オノマトペについて知りたい方は以下のリンクからアクセスしてみてください。

かなり参考になります。

運動のコツを伝えるスポーツオノマトペ


腕立ての状態からボールが出た方向にダイビングします。

ただでさえ、体の状態が良くないのにボールに反応する必要があるので、ダイビングのスピードが上がります。

GKは試合中に無理な姿勢からダイビングする時があります。

GKはどんな状態でも、どんな体勢でもボールを止めなければならないです。

そのためのトレーニングです。


コーンにタッチしてダイビング

ボールを投げる人のポイントは振り向いたらすぐに投げて大丈夫です。

GKはマーカーまたはコーンの前で触ることを特に意識してください。

参考のトレーニング (YouTube)

3人いた、できれば色違いのマーカーとコーンがあれば上手くできます。

工夫すれば二人でもできるので、これからも工夫して頑張りたいと思います。


まとめ

今回は正面キャッチやローリングダウン、片膝立ちのダイビングを行いましたが、他ブログで解説しているので、今回のブログでは割愛させていただきます。

こちらのブログで解説しています👇

試合で使えるダイビング@GK自主練習

ステップはすぐに結果として現れるものではありません。これからも継続してやっていきたいと思います。

そしてステップの鬼になりたいと思います。(笑)

参考ブログ

-GK, 自主練会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「GKの9割は準備」首を振らずにエリア内を把握しろ!@獨協大学 2019/7/16

失点したくてするGK は一人もいない。 ミスには何かしらの理由が絶対ある。 「いや、準備していればこんな失点はしなかった。」 「なんて事のないボールだったのに、、、」 こんにちは、Atsuyaです。 …

クロスボールを制覇する8つの要素 @獨協大学 GKトレーニングより

ゴールキーパーの技術の中で、一番難しい技術とは? それは『クロスボールの処理』である。 なぜならば、クロスボールに対応するために必要な技術がたくさんあるからだ。     こんにちは …

適切な技術と判断がチームのピンチを救う!~インナーダイビングと1vs1~@GK自主練会

至近距離からのシュート・・・ 相手FWとの1vs1・・・ 一見するとゴールキーパーにとって圧倒的に不利な状況かもしれない しかし、GKが適切な構えをし、適切なアクションを起こせば、 チームを救うビッグ …

メディシンボールでスローイングの練習をしてたけれど科学的にあまり意味がない件

攻撃の起点であるGKの皆さん、ライナー性のボールを投げるスローイングの技術を持っていますか? 僕は持っていません。(笑) こんにちは、Atsuyaです。 今日はGKトレーニングのスローイングの練習につ …

GKの仕事とは失点する確率を1%ずつ減らすこと

GKというポジションはかっこいい。 頭が良くて、身体能力が高く、メンタルが強い選手にしか務まらないポジション。 こんにちは、Atsuyaです。 本日はGKの仕事についてブログを書いていきたいと思います …