GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

自主練会

コーディネーションを高め、ダイビングの質を高めよう!@自主練会

投稿日:

GKにとってダイビングはかっこいい技術のうちの一つ。


練習では上手くできるんだけど、試合ではできないんだよな…



なんでだろう…



こんにちは、Atsuyaです。

本日も都内の人工芝の公園でGK自主練会を行いました。昨日は大雨が降り天気が心配でしたが、晴れた天気の中でトレーニングを行うことができました。

本日のトレーニングのテーマは「コーディネーションとダイビング」です。

コーディネーション(調整力)を簡単に誰でもわかるような言葉で説明すると「自分の体を思い通りに動かすことのできる力」です。つまり調整力が高まると、色々なスポーツでも活かすことができます。

つまりコーディネーションを高めれば、ダイビングの技術も飛躍的に良くなります。

トレーニング内容はこちらです👇

W-up

  • ボールフィーリング&ストレッチ(テニスボール)
  • 腹筋&背筋
  • 正面キャッチ

トレーニング

  • フットワーク→キャッチング
  • 両膝立ちのダイビング
  • パンチング→ダイビング
  • リアクション(テニスボール)→ローリングダウン→ダイビング
  • リアクション(テニスボール)→シュートストップ

では、トレーニングの内容を具体的に解説しています。

W-up

ボールフィーリング&ストレッチ(テニスボール)

初めにW-upとして、テニスボールを使ってストレッチングを行いました。

テニスボールをつま先の上ぐらいに落とし、GKはテニスボールをキャッチします。ハムストリングを伸ばすことを意識しました。

そしてテニスボールはGKグローブを着けているとキャッチしにくいです。ボールフィーリングを高めながらこのW-upを行いました。

腹筋&背筋

続いてのW-upはボールを使って、腹筋、背筋に刺激を入れていきました。

GKにとって体の「コア(中心)」部分は非常に重要です。

以下のブログでコアトレについて解説しているので是非ご覧ください!

正面キャッチ

W-upの最後に、正面キャッチを行いました。

今回はドロップキックでボールを蹴りました。

ドロップキックで蹴ると地面の落ちて上がる瞬間にボールを蹴るため、意図的にバックスピンのボールや無回転のボールを蹴ることができます。

ドロップキックを使えば、より実践的なボールを蹴ることができます。

正面キャッチで意識することは、以下の7つです👇

・手を前に置く(自然と前傾姿勢になる)
・足を肩幅に開く
・脇を開き過ぎない
・足は常に動くように
・お腹のあたりから手を出す(ボールを挟まない)
・ボールを手にはめるイメージ
・はまったら指でボールを掴む

GKにしか理解できないキャッチングの極意

そしてボールは、molten(モルテン) サッカーボール ペレーダ キーパートレーニング 5号 600g F5P9200を使用しました。

平均的にサッカーボール5号球の重さは410g~450gです。

それよりも3割ぐらい重たいです。個人的に使ってみたいと思い買ったので、気になる方は使ってみてください!

トレーニング

フットワーク→キャッチング

こちらのトレーニングはフットワークからのキャッチングです。

僕がスペイン語を覚える必要があったので、スペイン語を取り入れてトレーニングを行いました。

キッカーが示した色をスペイン語で答えながらマーカーをタッチし、キャッチングを行いました。

ちなみに、

  • 黄色:amarillo(アマリージョ)
  • 青色:azul(アスール)
  • 赤色:rojo(ロッホ)
  • 緑色:velde(ベルデ)

です!

黄色のamarillo(アマリージョ)が覚えにくかったです。

両膝立ちのダイビング

次に両膝立ちのダイビングを行いました。

前回(反応する時間を稼げ!あえてポジショニング下げる技術をマスターしよう!@自主練会)のまでの自主練会ではダイビングの形にこだわってきましたが、今回からはスピード感を持ってダイビングを行うことを意識しました。

ダイビングで意識することは以下の5つです👇

進行方向の足でしっかり踏み切る

・進行方向と逆の足からの体重移動を意識する

・大股で踏み切りすぎない

・手、肘、肩など身体全体を伸ばし切る

・できるだけ早くボールに触るために、前へアプローチする

相手FWが称賛するようなダイビングを身につけるトレーニング!~GKマンツーマントレーニング~

ダイビングに特化した練習を以下のブログで解説しています👇

パンチング→ダイビング

続いてのトレーニングは、パンチングし、そのパンチングの勢いを使って体を回転させ起き上がり、ダイビングを行いました。

パンチングで意識することは以下の3つです👇

腕を振らない(解説済み)

腕を引くことはOK!

腕をひねる

パンチングは技術ではない!「判断」を大事にしろ@獨協大学 2019/7/19

特にこのトレーニングでは腕を引くことを意識して行いました。

GKはどんな状態でも次のボールに反応しなければなりません。試合中うつ伏せになることは非常に少ないですが体のコーディネーションを高めていくためにも、このトレーニングを行いました。

リアクション(テニスボール)→ローリングダウン→ダイビング

こちらのトレーニングでは、リアクションスピードを高めること、反対方向の起き上がりを意識してトレーニングを行いました。

まず膝立ちの状態でテニスボールを4球反応し、ローリングダウンを行います。そのあと、反対方向へアクションを起こすために起き上がり、ダイビングを行いました。

以下の5つが反対方向の起き上がり方です👇

  1. 伸ばし切った腕の肘を少し内側に曲げる
  2. 手の平で地面を押すと同時に、お尻を支点に両足を反対側に持ってくる
  3. 上の足をクロスさせる
  4. クロスしたほうの足と下の手を使って状態を少し上げる。
  5. 状態を少し上げたほうの足でも踏み切れるし、2歩目の足でも踏み切れるようにする

動画でも解説しています👇

リアクション(テニスボール)→シュートストップ

最後のトレーニングです。

先ほどと同じようにテニスボールをスタンディングの状態で4球反応し、そのあとシュートストップを行いました。

ダイビングは上手くできましたが、フットセーブを使うのかコラプシングを使うのかの判断に問題点があったので今後のトレーニングで改善していきます。

まとめ

今回のトレーニングでは、ダイビングの基本的なことを踏まえ、応用したトレーニングを行いました。

ダイビングは形も重要ですが、試合で使えなければ意味ありません。

もちろん、基礎は大事です。基礎があっての応用です。

ある程度、基本的なことをマスターしたら応用したトレーニングを行っていきましょう!

GKトレーニングはゴールがなくてもある程度はできます。

ですが…

GKの仲間がいなければできません。

僕は土曜日に東京都リーグに所属する選手と一緒に都内の公園でトレーニングを行っています。今のところ月2、3ぐらいのペースで行っています。

参加条件は特にありませんが、、、強いて上げるなら

  • SNSに投稿しても問題ない
  • GK仲間と円滑にコミュニケーションがとれる

ぐらいですかね!

もし一緒にトレーニングしたい方がいましたら以下のtwitterからDMください👇

Atsuyaのtwitter

参加費等はありません。サッカーボールを持ってきて貰えば大丈夫です。

あとトレーニングに使えそうなマーカーなど持ってきていただければ有難いです。

こちらのブログでもトレーニングの風景など載せてあるので是非ご覧ください👇

お知らせ!GKトレーニングがしたい社会人GKへ @GK自主練会

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

みんなが見ている動画

関連ブログ

-自主練会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホを通して、自分の体を思い通りに動かせるGKになる @自主練会

スマホを通して自分の体を思い通りに動かせるGKを育成していきたいです。 https://twitter.com/Atsuya_gk 僕のtwitterのプロフィールの言葉です。 自分の体を思い通りに動 …

自分の得意な「間合い」を知ること!~ゴールキーパーが1vs1で勝つために~@自主練会

何かを上達しようと思ったとき、 まずは己を知るところから始まります。 GKの1vs1場面でも一緒です。 あなたの得意な間合いを知っていますか? こんにちは、Atsuyaです。 今回も都内の公園でGK自 …

GKの仕事はリアクション!その中で積極的なアクションをするべし!@自主練会

GKの仕事は『リアクション』です。 その『リアクション』の中で積極的な『アクション』をどれだけ起こせるか… こんにちは、Atsuyaです。 今回は都内にある公園でゴールを使わずにトレーニングを行いまし …

反応する時間を稼げ!あえてポジショニング下げる技術をマスターしよう!@自主練会

『相手との距離を詰め、シュートコースを消すことでシュートを止めることができる!』 本当に相手との距離を詰めるだけでシュートを止めることができるのか… こんにちは、Atusyaです。 先日以下のようなツ …

GKの基本!1vs1で勝つためには、ボールへのアプローチスピードを高めるべき!@自主練会

1vs1の場面、フロントダイブでボールを奪いに行くのか ブロッキングしてゴールの面を守るのか・・・ その判断ももちろん大事 でも、GKにとってもっと大事ことがある。 それは「ボールへのアプローチスピー …