GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK 自主練会

スマホを通して、自分の体を思い通りに動かせるGKになる @自主練会

投稿日:2019年9月7日 更新日:

スマホを通して自分の体を思い通りに動かせるGKを育成していきたいです。

https://twitter.com/Atsuya_gk

僕のtwitterのプロフィールの言葉です。

自分の体を思い通りに動かせるGKを育成したいのであれば、自分がそうならなければならないと思っています。

こんにちは、Atsuyaです。

本日はGK自主練会を行ったので、それについてブログを書いていきたいと思います。

私は自分の体を思い通りに動かせるGK になるため、育成することをベースにトレーニングを考えています。

本日のトレーニングのテーマは『動き出しリアクションスピードを高めること』です。

本日のトレーニングの流れはこちらです👇

W-up

  • ステップワーク
  • パラレル(ラダー)→正面キャッチ
  • クロスステップ→グラウンダーのボールキャッチ
  • ハイボール(SKLZ RECOIL360)

トレーニング

  • 逆足を意識した膝立ちダイビング
  • ワンステップダイビング(SKLZ RECOIL360)
  • ワンステップダイビング ゴロ(SKLZ RECOIL360)
  • コラプシング基礎
  • コラプシング(ランダム)

では、解説していきたいと思います。

W-up

ステップワーク

W-upとして、いつも通りラダーを使ってステップワークを行いました。

最初にラテラルランを行い、その後パラレル(前進)を行いました。

日本人GKとして、アジリティー能力は絶対的に必要だと思います。以下のブログでもステップの重要性について解説しています。ステップの極意を知りたい方は是非以下のリンクからご覧ください👇

ステップ練習はスピードアップだけではない!歩幅を一定にするためだ!


パラレル(ラダー)→正面キャッチ

パラレルステップで前進し、正面キャッチを行いました。

こちらの腰につけているトレーニング道具は、SKLZのRECOIL360というものです。

リコイル360は、抵抗トレーニングでスポーツに必要な動きを強化することができます。独特な伸縮コードは、体を鍛えるために動きに対して伸びたり、速度アップや方向転換などの際に引き戻したりします。

https://sklz.jp/product/23/

今回のトレーニングでは、動き出しを高めるためにこちらの道具を使いラダートレーニングの効果を高めていきました。


クロスステップ→グラウンダーのボールキャッチ

クロスステップからグラウンダーのボールをキャッチするトレーニングを行いました。 GKはたった5mのために追い込む。今話題のRECOIL360を使ってトレーニングを行ってみた! @獨協大学 2019/9/3 のブログでも解説しましたが、 クロスステップは速く移動するには最適なステップです。しかし、身体のバランスが崩れやすいデメリットがあります。そのため、引っ張られてもバランスをしっかり保つことを意識しました。


ハイボール(SKLZ RECOIL360)

続いては、ハイボールを行いました。試合中を想定して相手より先に触ることを意識してトレーニングを行いました。 RECOIL360を着けると空中で身体を引っ張られる感覚があるので、フィジカル強化にもなります。さらに着地する時に気を抜いてしまうと、身体のバランスを崩し上手く着地できません。

皆さん、RECOIL360を使うときは気をつけましょう!


トレーニング

逆足を意識した膝立ちダイビング

ダイビングのW-upとして、逆脚を意識した膝立ちダイビングを行いました。このブログでは何度も解説していますが、ダイビングは進行方向の脚だけで飛ぶわけではありません。

以下のツイートをご覧ください👇

今日みたいな雨の日(東京)を想定してトレーニングをしていきたいです。
進行方向と逆の足でしっかり踏み切ることを意識すればギリギリのコースも届く。
比較的高いボールでも下手を使った方が伸びるし、ボールに強い力が伝わる。
力まず足を踏み出すことを意識したいです。

ダイビングで遠くに高く飛ぶ方法は、体重移動がカギになります。進行方向と逆の足から進行方向の足に上手く体重移動することができたら、ダイビングはできたも当然です。

さらに、歩くイメージで進行方向の足を踏み出すと良いでしょう。

足に体重を乗せてダイビングすることも大事ですが、けして力まないでください。

ダイビングの種類に関してこちらのブログで詳しく解説しているので、ぜひご覧ください👇

知っていれば誰でもできる!シュートを防ぐ4種類のダイビング


ワンステップダイビング(SKLZ RECOIL360)

前への意識を持つためにこのトレーニングを行いました。ハイボールの処理では相手より先に触ることを意識しろ!と書きました。要するに、GKはボールに対してどれだけ早くアプローチできるかが肝心です。これはGKのセービング全般に言えることです。

ダイビングでも同様に、ボールに少しでも早くアプローチする意識があれば力強くボールにアタックできます。アタックの意識を持つためにこの道具を着けてトレーニングを行いました。


ワンステップダイビング ゴロ(SKLZ RECOIL360)

ゴロのダイビングで意識することは地面スレスレで飛ぶことです。地面をこすりながら飛んでしますと摩擦が働き、ダイビングのスピードが落ちてしまうからです。

皆さん、ゴロのボールを片手で弾きに行くとき、もう一方の上の手はどうしていますか?

ゴロのボールに対して片手でアプローチする時、上の手は太ももの上に置くと良いでしょう。

手首を地面につけてしまうと怪我してしまう可能性が気をつけてください。

以下のデ・ヘア選手の動画が非常に参考になります。

1分ぐらいのセーブをご覧ください!

太ももに上の手はおいていませんが、地面にはついていません!


コラプシング基礎

続いては、コラプシングの基礎トレーニングを行いました。方向を決めて行いました。

コラプシングとは、☛ 知っていれば誰でもできる!シュートを防ぐ4種類のダイビング の記事でも解説していますが、進行方向の足で踏み切るのではなく、倒れたい方向の足を抜くイメージですね。そうすることでボールに対して早く反応できます。

実際にコラプシングを使う場面は、足ではセーブできないけどインナーダイビングを使わなくても届く範囲の時にコラプシングを使います。

インナーダイビングについても☛ 知っていれば誰でもできる!シュートを防ぐ4種類のダイビング で解説しています。


コラプシング(ランダム)

続いては、方向を決めないで行いました。フットセーブをするのか、コラプシングをするのか、インナーダイビングをするのか、頭でわかっていても体が動かなければ意味がありません。

基礎が理解出来たら、試合に向けて実践的なトレーニングをしていきましょう。

このトレーニングではとにかく先に動かないことを意識しました。

フットセーブについて以下のブログで詳しく解説しています👇

10年前の常識が失点の原因?「足で行くな!手で止めろ!」の嘘


まとめ

本日のブログの冒頭で述べた通り、スマホを通して自分の体を思い通り動かせるGKになり、そして育成していきたいと思います。

今後もそれをベースにトレーニングを考えていきたいと思います。

最後にお知らせなのですが、、、以下のブログでも書いたように一緒にGKトレーニングを行ってくれる仲間を募集しています。

お知らせ!GKトレーニングがしたい社会人GKへ @GK自主練会

土曜日に東京都リーグに所属する選手と一緒に都内の公園でトレーニングを行っています。今のところ月2、3ぐらいのペースで行っています。

参加条件は特にありませんが、、、強いて上げるなら

  • SNSに投稿しても問題ない
  • GK仲間と円滑にコミュニケーションがとれる

ぐらいですかね!

もし一緒にトレーニングしたい方がいましたら以下のtwitterからDMください👇

Atsuyaのtwitter

参加費等はありません。サッカーボールを持ってきて貰えば大丈夫です。

あとトレーニングに使えそうなマーカーなど持ってきていただければ有難いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

YouTubeに練習動画を上げているので是非ご覧ください👇

https://www.youtube.com/channel/UCXCoS4OAiZkDbKC9FTYN7tA


みんながよく見ている動画


関連ブログ


-GK, 自主練会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GK向きの性格とは?

こんにちは、Atsuyaです。 本日は、GK向きの性格についてブログを書きたいと思います。 GK向きの性格とは? 結論から申し上げると、 「細かいところを妥協しない性格」です。 では、なぜそのように思 …

指示が通るか通らないかは、指示を出す前に決まっている?!お母さんみたいなコーチングをしていませんか?

「あんた、宿題やったの?」 「部屋の片づけしたの?」 あなたのコーチング、お母さんみたいになっていませんか? こんにちは、Atsuyaです。 本日は『指示を聞いてもらえるかは、指示を出す前に決まってい …

GKが意外と悩むこと…フィールドプレーヤーとゴールキーパーは対等である

タイトル画像:『サッカーキング』より引用 ゴールキーパーでキャプテンマークを巻き、試合中フィールドプレーヤーを後ろから鼓舞し続ける。まさにゴールキーパー全員が一度は夢見る光景ですよね。 Gianlui …

PKの準備をしていますか?

僕はPKが得意ではないですが、何度か止めたことがあります。 そのPKを止めた試合の数日前にチームメイトと居残り練習をしていました。 遊びでしたけど、PK戦をやっていました。 そしてPKを止めた試合の後 …

反応する時間を稼げ!あえてポジショニング下げる技術をマスターしよう!@自主練会

『相手との距離を詰め、シュートコースを消すことでシュートを止めることができる!』 本当に相手との距離を詰めるだけでシュートを止めることができるのか… こんにちは、Atusyaです。 先日以下のようなツ …