GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK

【ボールを怖がらない能力】~ゴールキーパーにとって必須能力~

投稿日:

ゴールキーパーは相手の足元に飛び込まないといけない場面がある

さらに7m先からのシュートに対して、堂々と構えなければいけない

ボールを怖がらない能力はGKにとって必要な能力

これは生まれながらの能力かもしれない・・・

しかし、後からでも身につけられるとしたら・・・

こんにちは、Atsuyaです。

本日は『【ボールを怖がらない能力】~ゴールキーパーにとって必須能力~

というテーマでブログを書いていきたいと思います。

 

以前のブログで【GK向きの性格】とは?というブログを書きました。

そのブログでGK向きを以下の二つにまとめました👇

 

細かいところを妥協しない

ボールを怖がらない

 

 

今回はボール怖がらないGKになるために、

どのようなことができるのかをまとめていきます。

 

本日の概要はこちらです👇

 

■OVERVIEW
  • 正確な技術を身につける
  • コーチが蹴らない
  • ボールを工夫する

 

では、深堀していきます。

 

正確な技術を身につける

当たり前のことですが

ボールを怖がるということは、ボールを正確に扱えないということです。

 

 

皆さんは、包丁を使ったことがありますか?

きっと、美味しい料理を作る時には欠かせないアイテムだと思います。

しかし、包丁は使い方を間違える自分や他の人を傷つけてしまします。

 

包丁は正確な使い方を知っていれば武器になります。

しかし使い方を間違えると凶器になります。

 

 

したがって、正確にボールを操る技術を持っていればボールは怖くないです。

例えば、正確なキャッチングの仕方がわかっていれば、

ボールを恐れる必要がありません。

 

さらに1vs1でも「適切な間合い」を理解していれば、

ボールが顔面に当たることもないですし、相手の振りかぶった足が顔に当たることもありません。

 

正確な技術を理解することでより安全に、楽しくゴールを守ることができます。

 

技術を知るためには?

 

ゴールキーパーの技術解説は多くのGKコーチが

書籍やYouTube、ブログ、講座などで解説しているので

インターネットで検索すれば、簡単に手に入れることができます。

 

先ほど、「たとえ」で書いた、

「キャッチング」と「適切な間合い」について解説しているブログがあるので

見てみたい!と思う方は是非ご覧ください👇

 

キャッチングについて

GKにしか理解できないオーバーハンドキャッチの極意

 

適切な間合いについて

勝てる「間合い」に持ち込め!1vs1で勝つトレーニング@獨協大学 

 

コーチが蹴らない

これは小学生年代で特に気をつけていることなのですが・・・

いくら大人が優しく蹴っても。

子どもからしたら大人のキックモーションは怖いです。

可能な限り、選手同士に蹴らせるのが良いでしょう。

もしくは、コーチが投げてあげるのもありです。

なぜならば、ボールスピードを簡単にコントロールできるからです。

 

しかし、デメリットもあります。

それは、現実的なシチュエーションを作ることができないことです。

サッカーにおいて、投げられたボールをキャッチする場面はないからです。

 

したがって選手達に配球させることで、

選手達自身のキックも上達するかもしれません。

 

以下のブログで詳しく解説しています👇

GKのキックが上手くならないのはあなたのせいかも?

 

※ただトレーニングの内容によってコーチが蹴るのもありです。

 

ボールを工夫する

 

ボールを工夫することは、

ゴールキーパー初心者または女子選手に有効かもしれません。

以下のツイートをご覧ください👇

ゴールを守るということは、相手の足下に飛び込む場面もある。 子供、女子からしたら怖いこと。 もちろん男でも怖い。 この恐怖を越えた先にゴールを守るという達成感や喜びを感じれるかもしれないが、GKを辞めてしまう選手もいるかもしれない。 痛みよりも先に喜びを。

これはイングランド女子代表チームの

トレーニング動画です。

これはブロッキングのトレーニングですが、

いくら正確な技術や間合いを理解していても、

正直怖いと思います。

ゴールキーパーは怖がってしますとボールに対して面を作ることができません。

その結果、失点してしまいます。

 

ボールを怖がったために、失点してしまう・・・

負の連鎖ですね。

 

逆に考えると、

ボールを怖がらなければ、失点する可能性は低くなる

ということです。

 

失点しないためにも、ボールを怖がらない能力が必要です。

そのためには、ボールを工夫することが必要ですね。

まとめ

今回は『【ボールを怖がらない能力】~ゴールキーパーにとって必須能力~

というテーマでブログを書いていきました。

 

ゴールキーパーは相手の足元に飛び込まないといけない場面があります。

それはチームを救うセーブになるでしょう。

しかしボールに対して恐怖心を感じてしまってはできません。

 

ボールを怖がらない能力はGKにとって必要な能力です。

これは生まれながらの能力かもしれないですが、

後からでも身につけられる可能性があるので、

今回の記事を参考にしてみてください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事は、筆者の個人的な意見であり、真偽を明確にするものではありません。

 

このブログを読んだ人へのお勧め

サッカーボールを使うことだけがGKトレーニングではない

-GK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「シュートで終われ!」の嘘

皆さん、CL決勝見ましたか? 素晴らしい試合でしたね! 個人的に両チームゴールキーパーのクロスボールの処理は絶品でした。 本当に参考になりました! こんにちは、Atsuyaです。 今日は「シュートで終 …

待ってても仕事は来ない!~副業GKコーチとして仕事をもらう方法~

こんにちは、Atsuyaです。 先日、こんな質問を受けました。   「ゴールキーパーコーチとして働きたいんですけど・・・インターネットとかで募集はしているんですけど、ほぼ無給で・・・どうした …

10年前の常識が失点の原因?「足で行くな!手で止めろ!」の嘘

こちらの記事は 2019年8月10日 に投稿した記事を2019年9月15日に新しく更新したものになります。 10年前の常識に縛られていませんか? 「キャッチしに行け!!!」 もしあなたがすべてのボール …

【ネガティブな表現をやめよう!】~GK好きを増やすために私たちができる7つの活動~

ゴールキーパーは好きですか? かっこいいと思いますか? 自分の子どもにゴールキーパーをやってほしいと思いますか?   日本で素晴らしいゴールキーパーを育成するためには、「GK好き」を増やすこ …

指導者の力量が試される?W-upで練習の質が決まる!GKのW-up 15選(ボールフィーリング、コーディネーション等)

指導者はどれだけW-upのストックを持っているかが重要です。 W-upからメインのトレーニングへスムーズに入ることができたら、その日のトレーニングは充実するでしょう。 こんにちは、Atsuyaです。 …