GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK

【GK向きの性格】とは?

投稿日:

ゴールキーパーは前向きでポジティブな性格でなくて良い

ゴールキーパーに必要な性格は2つ

細かいところを妥協しない

ボールを怖がらない

これだけあれば充分だ

こんにちは、Atsuyaです。

本日は、『GK向きの性格』というテーマでブログを書いていきたいと思います。

 

先に結論から申し上げますと、

ゴールキーパーに必要な性格は、

  • 細かいところを妥協しない
  • ボールを怖がらない

です。

今回のブログでは科学的な根拠はなく、あくまで僕の経験から導き出されたものになります。

皆様の一つの参考になれば幸いです。

本日の概要はこちらです👇

  • なぜ「細かいところを妥協しない性格」が必要なのか?
  • ボールを怖がらないのも性格の一つ?
  • まとめ

では、深堀していきます。

なぜ「細かいところを妥協しない性格」が必要なのか?

ゴールキーパー(以下GK)の皆さんならわかると思いますが、GKには本当に細かい技術がたくさんあります。

例えば、ポジショニングです。

僕自身、ポジショニングはキャッチングと同じぐらい大切な技術だと思います。

試合中、GKは数センチ単位でポジション修正しなければなりません。

アリソンのセーブが非常に参考になります👇

アリソン
ポジション修正がうますぎる…
「必要な動きを必要な分だけ」

ボールが数m動いたからといって、ボールと同じぐらい動いてはいけません。

投稿者が言っているように、必要な分だけポジション修正をしなければいけません。

 

またクロスボールが上がってくる場面では、基本的なポジショニング理論とは異なる位置で構えなければなりません。

基本的なポジショニング理論・・・ボールの位置を起点に、ニアポストとファーポストを結んだ中間地点に立つこと

引用:ゴールキーパー「超」専門講座 p74

さらに、ポジショニングだけではなく「体の向き」も重要です。

クロスボールが上がってくる場面では、ゴール前の状況を把握し、

ヘディングシュートなどに反応できるような体の向きを保つ必要があります。

しかしクロスボールが直接ゴールに向かってくる可能性があるので、それにも対応できる体の向きが必要です。

すなわち、クロスボールではシュートの可能性を考慮しつつゴール前でのシュートに対応できるポジショニングと体の向きを常に考える必要あります。

1歩のずれが失点するのか失点しないのか、大きく左右します。

またビルドアップをする場面では、ボールを持っている味方に対して基本的に寄ってサポートします。

しかし、ボールホルダーに対して身体を正対させ、直線的に寄ってしまったら、視野の確保ができなくなり、サイドに展開することが難しくなります。

ビルドアップの時は、150度~180度の視野を確保しつつ、ボールを受けなければなりません。

このようにGKの技術には細かいことがたくさんあります。

この細かいところを突き詰められるかどうかがかなり重要です。

ポジショニングや体の向きなどめんどくさいって思ってしまうなら、GKには向いていないかもしれません。

GKのメンタルはフィールドプレーヤーとは若干異なる部分が存在します。

そのためGKの心理も理解しなければいけません。

☑GKの心理

「GKは10本のシュートを神がかりなファインセーブで9本止めても、単純なミスで1失点してしまったら悪者扱いされる」

これに似たような言葉をよく聞きますよね?

しかし、サッカーはミスがあって当然のスポーツって言われています。

GKはどのような心理状態を保てばよいのかわかりません。

そしてGKはこの矛盾の中で戦っています。

例えば、サッカーのリーグ戦で1年間失点しないということはほぼ不可能です。

しかし、GKはこの不可能な目標のために毎日厳しいトレーニングをしています。

この不可能な目標達成には、細かいところを突き詰めなければならないのは当然です。

細かいことを突き詰めるためには『粘り強さ(GRIT)』が必要です。

また人生で成功するために必要な能力は粘り強さ(GRIT)とも言われいています。

以下の動画で解説しているのでご覧ください👇

ボールを怖がらないのも性格の一つ?

これは性格と言っても良いかわかりませんが、GKには「ボールを怖がらない」性格が必要です。

当たり前のことですが「ボールが顔に飛んできたら嫌だな~」と思っていたらGK務まりません。

そんなGKにゴール前を任すことはできません。

では、「ボールを怖がらない性格」は指導者が意図的に作り出せるのでしょうか?

僕の考えは、

ボールを怖がらない性格にするのは難しい。ただ練習の仕方次第でボールへの恐怖心は無くせる

です。

ボールを怖がらない性格というのは、僕は生まれつきの性格だと思っています。

サッカー選手が全員ゴールキーパーのポジションをできるわけではありません。

僕の高校の同級生のFWの選手は、

「死んでもGKはできない」と言っていました。

彼は「FWは1vs1の時、間合いがあれば顔付近にシュートを打つ。GKをやっていたら顔にボールが当たってしまう。だから、俺はGKをやりたくない。」と言っていた。

このように、「ボールを怖がらない」というのは一つの性格なのではないかと思います。

もしも、チームの中からGKを選ばなければならない状況になったら、

ボールを怖がらない性格の選手を選んであげればよいかもしれませんね。

 

ですが、「ボールを怖がらない選手」だったのに、怖い思いを感じるようなGK練習をたくさんしていたら「ボールを怖がる選手」になるかもしれません。

GKの技術には、「ブロッキング」という技術があります。

以下のツイートの動画はフロントダイブでブロッキングを行う練習です👇

これは大学で行ったトレーニングです。

このトレーニングは少し怖いかもしれません。

ですが、ある程度経験を積んだ大学生なのでこのトレーニングができます。

高校生でもできると思います。

しかし、小学生年代や女子選手に同じトレーニングが成り立つかはわかりません。

そのため以下のツイートのようにボールを工夫すれば正しくブロッキングの技術を身につけられると思います👇

ゴールを守るということは、相手の足下に飛び込む場面もある。
子供、女子からしたら怖いこと。
もちろん男でも怖い。
この恐怖を越えた先にゴールを守るという達成感や喜びを感じれるかもしれないが、GKを辞めてしまう選手もいるかもしれない。
痛みよりも先に喜びを。

動画のようにボールを工夫することで、「ボールを怖がる選手」を減らせるのではないかと考えます。

以下のブログでも詳しく解説しているのでご覧ください👇

サッカーボールを使うことだけがGKトレーニングではない

まとめ

僕自身の考えではありますが、

  • 細かいところを妥協しない
  • ボールを怖がらない

性格があれば、他にどんな性格があろうと、それでいいと思っています。

GKは前向きでポジティブな性格が良いと言われることもありますが、

そうでなくてもいいと思います。

僕はポジティブな性格ではなく現実主義者と言われますが・・・(笑)

そのおかげで、目の前のことに集中することでGKとして成長することができました。

ポジティブな性格じゃなくても、外交的な性格でなくてもGKはできます。

しかし、GKは失点しないという99%不可能な目標に挑戦している以上、GKは細かいところを突き詰めなければなりません。

そして時には振りかぶった足元にあるボールに飛び込まなけれならない場面が出てきます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事は2019年7月4日に投稿した記事を2020年4月2日に新しく更新したものになります。

皆が見ている動画

関連ブログ

クロスボールを必勝法!~正しく落下地点を予測するGKトレーニング~

ど素人でもわかりやすく書いてあるGK本!『ゴールキーパー「超」専門講座』を読んでみた

【海外では当たり前!ネガティブステップ(インナー)ダイビングをマスターしよう!】

-GK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Twitterで自身のGKトレーニングを公開する理由

こんにちは、Atsuyaです。 本日は、『Twitterでトレーニング動画を公開する理由』についてブログを書いていきたいと思います。 結論から申し上げますと、『 評価してもらうため(GKコーチとしての …

怪我人はボール拾いではない

指導者:「怪我人~、ボール拾い頼む!」 怪我人:「またかよ…せっかくリハビリやろうと思ったのに。」 怪我人:「え?!水入れてきて?(水ぐらい自分でやれよ!)」 怪我人:「あ~あ、またリハビリできずに練 …

『ボールを奪う』1vs1トレーニング!ゴールがなくてもGKは上手くなる!@自主練会

たくさんの充実したトレーニング用具、柔らかい人工芝の練習環境、そしてゴール! GKトレーニングを行う際に、欲しいものはたくさんありますよね! でもそれがないと練習できませんか? 練習環境が充実するだけ …

1週間に1度しか来ない副業GKコーチが気をつけること・・・

「ついに、GKコーチを始めたんですね!」 「でも、週一回しか練習に参加していないし…チームになじめていないんだよな…」 「まぁ、それは仕方ないよ!」 「副業GKコーチでも、気をつけたほうがいいことはた …

キックが上手いと得をする!

「あのキーパー上手くね?」って思う瞬間はありますか?   では、「あのキーパー上手くね?」って思うのはどんなプレーをした時ですか?   こんにちは、Atsuyaです。 今日は「キッ …