GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GKトレーニング

クロスボールを必勝法!~正しく落下地点を予測するGKトレーニング~

投稿日:

選手:「GKにとってクロスボールの処理が一番難しいと思います・・・」

コーチ:「なんで」

選手:「なんでかは分からないですけど・・・」

コーチ:「落下地点は正確に読める?」

選手:「落下地点を読む?できますよ!!!」

コーチ:「ホントかな~、じゃ今日のトレーニングで試してみよう!」

こんにちは、Atsuya です。

本日は「クロスボールを必勝法!~落下地点を予測するGKトレーニング~」というテーマでブログを書いていきたいと思います!

突然、皆さんに質問ですが・・・

クロスボール(ハイボール)をキャッチするために必要な要素は知っていますか?

僕の考えるクロスボールに必要な要素は以下の10つです👇

クロスボールに必要な10つの要素

  • 正しく落下地点を予測する
  • 落下地点までステップで歩数を合わせる
  • クロスボールに対する身体の向き(ポジショニング)
  • エリア内の状況把握(相手、味方、スペースの管理)
  • コーチング
  • ジャンプ動作を行う
  • フィジカルコンタクト
  • キャッチングもしくはパンチングの判断をする
  • キャッチングもしくはパンチングの技術を発揮する
  • キャッチングした後の攻撃へのアクション

 

今回はクロスボールに必要な10の要素のうちの一つ、

正しく落下地点を予測する」ことを身につけるためのトレーニングを紹介していきたいと思います。

*ブログで使っている用語

GK:トレーニングを行うGK選手のこと

配球者:GKに向かってボールを投げる人、蹴る人

 

W-up

 

準備する物:コーン、テニスボール

やり方

  • 二人一組でテニスボールを使ってキャッチボール
  • コーンを使ってテニスボールをキャッチする
  • キャッチする時は頭より高い位置でボールをキャッチする

目的:落下地点を正確に読むこと

 

*追加ルールとして

キャッチする時は必ず両膝立ちになる👇

トレーニング1

準備する物:サッカーボール

やり方

  • 4人で行うトレーニング
  • GKが一人、配球者が二人、「右」か「左」か指示を出す人
  • 配球する二人の選手が同時にボールを地面にたたきつける
  • GKは指示が出された方向のボールをハイボールの姿勢でキャッチ

目的:正確に落下地点を読んでから、動き出すこと

トレーニング2

準備する物:サッカーボール

やり方

  • 配球者が上にボールを蹴り上げる
  • GKがジャンプしてハイボールの姿勢でボールをキャッチ

目的:落下地点を正確に読み、ジャンプのタイミングを合わせ、キャッチすること

メイントレーニング

準備する物:コーン4本、マーカ4つ、サッカーボール

やり方

  • コーンとマーカを用いて、ゴールエリアを3つに分ける
  • 手前から「1」「2」「3」と番号を振る
  • 配球者は投げる又はキックでゴールエリアにボールを送る
  • GKは番号を言わないと動き出すことができない
  • GKはタイミングを合わせボールをキャッチする

目的:正確に素早く落下地点を読む、素早く動き出すこと

*動画ではボールをキャッチ後、アンダーハンドスローを行いミニゴールにシュートを打っていますが、これは足でのセーブも一緒にトレーニングしていたため行いました。

そのため、キャッチした後のプレーは行わなくてもいいです。

 

まとめ

今回は「クロスボールを必勝法!~落下地点を予測するGKトレーニング~」というテーマでブログを書いていきました。

もう一度、クロスボールに必要な10個の要素をまとめます👇

クロスボールに必要な10つの要素

  • 正しく落下地点を予測する
  • 落下地点までステップで歩数を合わせる
  • クロスボールに対する身体の向き(ポジショニング)
  • エリア内の状況把握(相手、味方、スペースの管理)
  • コーチング
  • ジャンプ動作を行う
  • フィジカルコンタクト
  • キャッチングもしくはパンチングの判断をする
  • キャッチングもしくはパンチングの技術を発揮する
  • キャッチングした後の攻撃へのアクション

 

落下地点が正確に読めないため、クロスボールを苦手としているGKがたくさんいます。

サッカーのGKだけに関わらず、落下地点を正しく予測することは様々なスポーツで必要です。

12歳ぐらいまでに正しく落下地点に入れるようにしていく必要があります。

落下地点を正しく予測できない理由は、圧倒的な『経験不足』です。

横浜F・マリノスのGKコーチ、松永氏も以下のことを述べています👇

最近の選手はテレビゲームなどのインドアの遊びが増えたので、外で遊ぶ時間が少ない。私たちが自然と遊んで身につけたものを、意識的に強化する必要がある。F・マリノスでも週4回の練習のうち、最低でも2回はクロスボールの練習を入れている。正直に言えばそれでも足りないぐらいである。

ゴールキーパー専門講座  p92~93

育成年代では、意図的に落下地点を予測するトレーニングをたくさん行うことが必要ですね。

 

今後もクロスボールが得意なGKが増えるようにブログを書いていきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

※こちらの記事は 2020年2月27日 に投稿した記事を2020年3月17日に新しく更新したものになります。

参考書籍

皆が見ている動画

関連ブログ

意識を変えればクロスボールの処理は楽勝!『最高到達点』ではなく、『相手より先に触ること』を意識しよう!

クロスボールW-up(11個)だけまとめてみた@獨協大学 7月編

ど素人でもわかりやすく書いてあるGK本!『ゴールキーパー「超」専門講座』を読んでみた

-GKトレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ボールに遊ばれるな!】1人でできるGKのためのボールフィーリング7選!

GKはボールに遊ばれたら終わり   こんにちは、Atsuyaです。 本日は『【ボールに遊ばれるな!】1人でできるGKのためのボールフィーリング7選!』というテーマでブログを書いていきたいと思 …

【GKトレーニングの基本的な作り方】~質問に答えてみた~

GKトレーニングする時間はある・・・ トレーニングってどうやって考えるんだ・・・ GKコーチが欲しい・・・   こんにちは、Atsuyaです。 本日は『【GKトレーニングの基本的な作り方】~ …