GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK技術

【1vs1】ゴールキーパーは何をするべきか?

投稿日:

ゴールキーパーにとって、

1vs1の状況は

圧倒的に不利かもしれない。

しかし、相手との間合いを理解し

その間合いに応じたテクニックを発揮できれば

1vs1を止めることができるだろ。

そのセーブがチームの勝利へ導く

こんにちは、Atusyaです。

本日は

【1vs1】ゴールキーパーは何をするべきか

というテーマでブログを書いていきたいと思います。

本日の概要です👇

  • 失点する間合いを理解する
  • 間合いに応じて適切な技術を発揮する
  • 1vs1でやってはいけないこと

 

 

では、深堀していきます。

失点する間合いを理解する

 

失点する間合いとは?

 

皆さんは、ゴールキーパーがギリギリ反応できる距離をご存じですか?

 

これは僕の考えなのですが、GKとシューターとの距離が5.5m以上あったら

ギリギリシュートに対応できます。

では、5.5mとはどのくらいなのか?

 

それはゴールラインからゴールキックライン(大人用)です。

 

相手選手のボールの持ち方もありますが、ヘディングシュートであればギリギリ反応できます。

 

では、ブロッキングでゴールキーパーがセーブできる範囲はどのくらいかご存知ですか?

これも僕の中での理論ですが約1~2.5mです。

 

相手との間合いが1~2.5mであれば、体を広げればシュートをブロックできます。

 

 

ということは…

 

 

失点する間合いとはどれくらいなのか?

 

それは相手との間合いが3~4mの時です。

 

この間合だと、物理的にシュートにも反応できず、

体を広げてもシュートコースを消すことは難しいです。

 

3~4mの間合いに持ち込まれる前に、

フロンダイブでボールを奪いに行くか、

あえてポジションを下げて反応する時間を稼ぐ必要があります。

 

したがって、ゴールキーパーはまず『失点する間合い』というものを覚えなければいけません。

 

間合いに応じて適切な技術を発揮する

失点する間合いが理解出来たら、

次にその間合いに応じて適切な技術を発揮しなければいけません。

先ほども書いたように、

 

  • 相手との距離が1~2.5mであればブロッキング(Xブロック)
  • 相手との距離が5.5m以上であれば、ステイして反応
  • 相手との間合いを3~4mにしないためにフロントダイブもしくはポジションを下げて反応する時間を稼ぐ

 

ゴールキーパーは距離感に応じて適切な技術(テクニック)を発揮しなければいけません。

 

1vs1で必要なテクニック

 

では、ここから1vs1でゴールキーパーに必要な3つのテクニックについて解説してきます👇

  • ブロッキング
  • フロントダイブ
  • ステイ

 

ブロッキング

 

ブロッキングのやり方👇

  • 股を横からを閉じる
  • やや前重心(背中は丸めない)
  • 手の位置は体の横、さらに下に構える
  • 地面についている方の足首は伸ばす
  • 反応する時は手だけではなく、肘も使って守る

 

相手との間合いが1~2.5mであればブロッキングを用いてシュートコースを消しましょう。

 

フロントダイブ

 

フロントダイブのやり方👇

  • 動き出しの1歩目の足を前に出す
  • 低い姿勢になりながらボールへアプローチする
  • 股関節をしっかり曲げて踏み切り、ボールを奪いにいく

 

相手との間合いを3~4mにしないためにフロントダイブでボールを奪いに行きましょう。

 

ステイ

 

ステイの構え方

  • ボールとの距離に応じて低重心で構えるのか、高重心で構えるのかを決定
  • 両足へ均等に体重をのせる
  • 基本的に手は下に構え、グローブのパーム(クッション面)を相手に見せる

 

相手との間合いを3~4mにしないためにポジションを下げて反応する時間を稼ぐことも必要です。

1vs1でやってはいけないこと

最後に1vs1でゴールキーパーがやってはいけないことを書いていきたいと思います。

結論から言うと、

  • 判断に迷うこと
  • 何をしていいかわからなくなること

 

判断に迷わないようにするためには、

日々のトレーニングで試合の状況を想定した

シチュエーションのトレーニングを入れなければいけません。

 

以下のブログで選手向けに『GKトレー二ングの作り方』を解説しています👇

【GKトレーニングの基本的な作り方】~質問に答えてみた~

 

まとめ

本日は

【1vs1】ゴールキーパーは何をするべきか

というテーマでブログを書いていきました。

 

まず1vs1では、相手との間合いを理解しなければいけません。

間合いを理解した上で、どの技術を発揮するのかは異なります。

 

相手との間合を理解し、その距離感に応じて適切な技術を発揮できるようになれば

1vs1を止める確率を上げることができるでしょう。

 

ブロッキングやフロントダイブの技術を身につけるためには、

反復練習が必要です。

 

そして、最後に1vs1でやってはいけないことは、

  • 判断に迷うこと
  • 何をしていいかわからなくなること

です。

 

あくまでも、僕の中で整理した理論なので、

全てが正しいわけでは、ありません。

GKの技術は日々変化します。

皆さんで情報を共有していきましょう

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事は、筆者の個人的な意見であり、真偽を明確にするものではありません。

参考

100均のボールが大活躍!!!痛くないブロッキング練習 @自主練会

顔からいくから怖い・・・フロントダイブでのブロッキングは手根骨を使え!@獨協大学 2019/9/10

-GK技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

順番を変えるだけで劇的に伝わるコーチング

クロスボールが上がる前 味方DFに指示だしたのに・・・ なんでフリーな相手選手がいるの? 試合後 GK:「あの時、俺の指示聞こえた?」 DF:「聞こえたよ、でも俺じゃないと思ってた」 GK:「・・・・ …

【構えの準備】とは?プレジャンプは構えを行うための準備である!

プレジャンプは必要か否か? まず必要か否かを考える前にプレジャンプの目的を考えなければいけません。 ではプレジャンプの目的は何か? それは・・・ ゾーンに応じた正しい構えの状態に持っていくためである! …

まずは基本の『構え方』を身につけよう!GKの構えは「守破離」である!

ゴールキーパーの構え方はゴールキーパーの数だけ存在する。 しかし、ゴールキーパーの構え方には基本があり、それを応用し、オリジナルの構えを見つける。 だからプロフェッショナルなGKは皆、同じ構え方をして …

PKストップは-1を0にするだけではなく-1を+1に変える

PKを止めれば、自動的にヒーロー PKストップは試合の流れを大きく変える PKを止めることは、-1を0にするだけではなく-1を+1にしてしまうぐらい価値のあるプレーである。   僕はPKが得 …

知っていれば誰でもできる!シュートを防ぐ4種類のダイビング

「無知の知」 これは哲学者、ソクラテスの名言である。 自分が「無知であること」を理解できれば、私たちは賢くなれる。 そして上手くなれる。 僕自身もGKに関して知らないことだらけです。 皆さんは、ダイビ …