GK Atsuyaのブロブ(選手兼サッカーコーチ)

スマホで『ゴールキーパー』と『サッカーコーチ』が成長するために

GK

【GKの心構え】味方は信用するな!

投稿日:

こんにちは、Atsuyaです。

本日は【GKの心構え】味方は信用するな!というテーマでブログを書いていきます。

先日以下のようなツイートをしました👇

【GKの心構え】 味方を「信頼」しても良いが、「信用」してはいけない。 サッカーはミスのスポーツ GKは常に味方がミスすることを想定し、準備していなければならない。

多めに👍を頂いたので、詳しく解説していきます。

 

「信用」と「信頼」の違いは?

 

 

まずは「信用」と「信頼」について確認していきましょう。

【信用】 人の言動や物事を間違いないとして、受け入れること。

【信頼】 ある人や物を高く評価して、すべて任せられるという気持ちをいだくこと。

 

「信用」はうそや偽りがなく確かだと信じて疑わない意を表す。それに対して「信頼」は対象を高く評価し、任せられるという気持ちをいだく意を表す。

引用: 三省堂 大辞林 第三版の解説 weblio.jp

サッカーというスポーツはミスのスポーツともいわれているので、

ゴールキーパーは常に見方がミスをする、

つまり、「プレーの判断を間違えてしまう」ということを受け入れるべきでしょう。

しかし、味方へのリスペクトは忘れてはいけません。

 

常にミスを想定する

 

 

では、ミスを想定するとはどういうことなのか

二つのケースを見ていきましょう。

 

ケース1【ポゼッション】

 

ボールポゼッションをするチームでは、

基本的に中盤の選手(ボランチ、セントラルミットフィルダー、又はインサイドハーフ)の選手は技術的に優れています。

 

ここで中盤の選手の技術的な能力を完全に信用してしまうゴールキーパーは、より高いポジションをとります。

よくある失点として、中盤の選手がボールを奪われ、ボールを奪った相手選手がGKが前に出ているのを確認し、

直接ロングシュートを撃たれることです。

 

これは、ボールを奪われて味方選手だけのミスではなく、ゴールキーパーのミスでもあります。

 

ケース2【見方と連携したシュートストップ】

 

ケース2では、シュートストップを例に考えていきます。

相手がシュートする場面、ゴールキーパーは味方と連携してゴールを守る場面があります。

例えば、味方選手にファーサイドのシュートコースを消させて、ゴールキーパーがニアサイドを守る場面です。

しかし、味方DFを信用しきって、ニアサイドに寄りすぎて、ニアサイドだけを守ってしますゴールキーパーも中にはいます。

挙句の果てに、ファーサイドを決められたら、味方DFのせいにする。

これはゴールキーパーのミスでもあります。

もちろん、味方と連携してゴールを守ることを否定しているわけではありません。

まず、ゴールキーパーに理解してほしいことは、角度のあるシュートでは、

味方にファーサイドのシュートコースを消してもらわなくても、

ポジショニングが良ければシュートを止めることができます。

 

以下のツイートをご覧ください👇

【ゾーン2の対応】

・ポジショニングが良ければ簡単に守れる

・ローリングダイン、コラプシング で守れる

・フットセーブでも守れる

「守れる」エリアを理解することが大切です。

試合の中でいかに正確な立ち位置を見つけられるか

もちろん、日本人との体格差もありますが、参考にできるポジショニングですね。

 

まとめ

 

今回は【GKの心構え】味方は信用するな!というテーマでブログを書いていきました。

もちろん、味方と連携してゴールを守ることも重要です。

しかし、まずはゴールキーパーが一人でゴールを守る術を身につけることが大切です。

そのため、ゴールキーパーは初めに「自分とボール」の関係をトレーニングしなければいけません。

そこから、シチュエーションを理解し、試合形式のトレーニングで味方と連携してゴールを守らなければいけません。

では、「GKトレーニングはどうやって作るのか?」

 

以下のブログで詳しく解説しているので興味ある方は是非!

【GKトレーニングの基本的な作り方】~質問に答えてみた~

-GK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

相手FWが称賛するようなダイビングを身につけるトレーニング!~GKマンツーマントレーニング~

タイトル画像:テア・シュテーゲン、4-0勝利も「カウンターに苦しめられた」より引用 「いや~あのダイビング、何回見てもすごいな~」 あなたの記憶の中にそんなシーンはありますか? GKがダイビングして止 …

GKへの「ほめ方」の違いで練習に対するモチベーションが変化する~ほめる時に気をつけること~

「いや~あのセーブはさすがだよ!」 「スーパーセーブ連発だな!!!」 「お前は天才だ!」 果たして、このような「ほめ方」は正しいのか? その答えは・・・ ある一冊の本が教えてくれました。 こんにちは、 …

GKコーチがいないGKへ!マンツーマントレーニングやってます!!!

GKトレーニングしたいのに・・・ GKコーチがいない・・・ 試合で失点したのにどうやって改善すればいいのかわからない・・・ これはGKのミス?DFのミス?どっちだ・・・ 何も解決しないまま次の試合を迎 …

『ボールを奪う』1vs1トレーニング!ゴールがなくてもGKは上手くなる!@自主練会

たくさんの充実したトレーニング用具、柔らかい人工芝の練習環境、そしてゴール! GKトレーニングを行う際に、欲しいものはたくさんありますよね! でもそれがないと練習できませんか? 練習環境が充実するだけ …

試合前日のトレーニングで意識すべき4つのこと ~試合で100%の能力を発揮するために~ @獨協大学 2019/8/31

『準備とは100%の能力を100%発揮することである』 こんにちは、Atsuyaです。 8月31日に獨協大学でGKトレーニングを行ったので、具体的な内容をブログに書いていきたいと思います。 今回のトレ …

AtsuyaのTwitter