GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GKトレーニング

ブロッキングの基礎だけを身につけたいならこのトレーンングをするべし!

投稿日:

こんにちは、Atsuyaです。

本日は【ブロッキングの基礎だけを身につけたいならこのトレーンングをするべし!】

というテーマでブログを書いていきます。

 

■ブロッキングとは?

まず初めに、ブロッキングとはどういうプレーなのか?

 

ブロッキングとは、主に1vs1の状況で使います。

態勢を低くし、体で壁を作り相手のシュートを体でブロックするイメージです。

ブロッキングの中には、手足を広げるブロッキング(Xブロック又はスターセーブ)、又は手足を大きく広げないブロッキング(スタンディングブロック)がある。

 

この2つのブロッキングの使い分けは後日書いていこうと思います。

 

ブロッキング基礎トレーニング

 

 

ブロッキングのトレーニングは上の図のようにオーガナイズします。

 

■オーガナイズ

1.大きさ

中央のゴールの大きさ:2~3m

守る幅のゴール:3~4m

2.GKコーチとの距離:2~3m

3.用具

ミニゴール2つ

もしくは大きいコーン

4.方法

①GKコーチがドリブルをしてミニゴールの間にシュート

※初めは方向を指定する

②GKはドリブルについていく

③シュートモーションに入った瞬間にブロッキングの姿勢になる

★バリエーション

ランダムに行う

シュートフェイントを入れる(Xブロック)

 

Xブロック ポイント(青字)

相手がシュートモーションに入ったら、

手足を広げてさらにシュートコースを狭くしよう。

 

実際のトレーニング動画です👇

 

ブロッキングのやり方

  • 股を横からを閉じる
  • やや前重心(背中は丸めない)
  • 手の位置は体の横、さらに下に構える
  • 地面についている方の足首は伸ばす
  • 反応する時は手だけではなく、肘も使って守る

ブロッキングを使う場面

ブロッキングでゴールキーパーがセーブできる範囲はどのくらいかご存知ですか?

これも僕の中での理論ですが約1~2.5mです。

 

相手との間合いが1~2.5mであれば、体を広げればシュートをブロックできます。

相手がシュートを打つと判断すると同時に、

低い姿勢から手足をに広げて大きな壁を作りましょう。

※腰が高いと股下を抜かれてしまう可能性があります。

 

まとめ

今回のブログでは、

【ブロッキングの基礎だけを身につけたいならこのトレーンングをするべし!】

というテーマでブログを書いていきました。

いかがだったでしょうか。

少しでも、ゴールキーパーのブロッキングについて理解していただけたでしょうか?

今後もゴールキーパーの技術・戦術についても書いていきます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事は、筆者の個人的な意見であり、真偽を明確にするものではありません。

 

参考書籍

月刊footballista (フットボリスタ) 2019年 01月号 [雑誌]


DVDでマスター! サッカー ゴールキーパー (学研スポーツブックス)

-GKトレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ボールに遊ばれるな!】1人でできるGKのためのボールフィーリング7選!

GKはボールに遊ばれたら終わり   こんにちは、Atsuyaです。 本日は『【ボールに遊ばれるな!】1人でできるGKのためのボールフィーリング7選!』というテーマでブログを書いていきたいと思 …

クロスボールを必勝法!~正しく落下地点を予測するGKトレーニング~

選手:「GKにとってクロスボールの処理が一番難しいと思います・・・」 コーチ:「なんで」 選手:「なんでかは分からないですけど・・・」 コーチ:「落下地点は正確に読める?」 選手:「落下地点を読む?で …

【GKトレーニングの基本的な作り方】~質問に答えてみた~

GKトレーニングする時間はある・・・ トレーニングってどうやって考えるんだ・・・ GKコーチが欲しい・・・   こんにちは、Atsuyaです。 本日は『【GKトレーニングの基本的な作り方】~ …