GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK GK技術

【キャッチングの極意】GKはボールを迎えに行くな!

投稿日:

こんにちは、Atsuyaです。

本日は、【キャッチングの極意】GKはボールを迎えに行くな!

というテーマでブログを書いていきたいと思います。

先日以下ようなツイートをしました👇

【キャッチングについて】

野球のキャッチボールと原理は同じ!

野球ボールを捕球する時わざわざ腕を伸ばしてボールを迎えに行かない。

ボールの軌道にボールの形を作った手を待ち構えるだけ。

ミスをする時は基本姿勢ができてない時。

「構え方」と「手の出し方」でキャッチできるかできないかわかる

このツイートについて深堀していきます。

野球のキャッチボールができれば、GKのキャッチングは簡単

 

基本的に野球のキャッチボールができれば、GKのキャッチは誰でも習得できます。

なぜならば、野球ボールをキャッチする動作とGKが正面キャッチする時の動作が似ているからです。

以下の3つの点が似ています。

・膝を伸ばしすぎない(ボールを迎えにいかない)
→ボールに力強くアプローチできない。

・捕球するポイントに手を出して待ってる

・ボールが掌の凹んでいる部分に接触した瞬間に掴む

野球のキャッチボールの場合、グラブのポケットの部分でキャッチする

以下の動画が参考になります

上記の3つのポイントはGKのキャッチングと野球のキャッチボールの捕球と似ている点になります。

これができれば、GKのキャッチはうまくいきます。

上記の3つに加えて、

GKのキャッチングのポイントは以下の6つです。

  • お腹のあたりから手を出す(ボールを挟まない)
  • 両手を同時に出す、バラバラに出さない
  • 親指と人差し指を平行にする
  • ボールを手にはめるイメージ
  • 指をしっかり開く
  • はまったら指でボールを掴む

正面キャッチはGKの基本なので徹底的にマスターしていきましょう。

逆Yの字の構えが有効

 

そしてキャッチングをミスしないためには、シュートが来る前の構えが重要です。

ここでは、逆Yの字の構えが有効です。

キャッチングするときは、先ほども書いたとおり、

両手を同時に出すことが大事です。

両手を1本の棒のようにだすことを意識しましょう。

そのためには、お腹のあたりから手を出すことが重要です。

以下のツイートをご覧ください。

【GK技術:構え方&キャッチング】
GKが正確なキャッチをするためには構え方、手の出し方が重要。
・お腹のあたりから両手を同時に出す(両手を1本の棒のように)
・先にボールの型を作りボールが来るのを待つ
・ボールが掌の凹んでいる部分に接触した瞬間に指で掴む

 

ポジション修正のためのステップをしても、一度お腹のあたりに両手を持ってきて、手を一本にしてボールを捉える。
※注意点 肘は後ろに引くな

 

よくありがちなミスとして、ボールが来る前に肘を大きく後ろに引いてしまうGKがいます。

たしかに、ボールに強くアプローチすることができますが、キャッチミスの大きな原因になってしまいます。

 

ノイアー選手は腕を大きく後ろに引きますが、何故かキャッチができます。

あの能力は本当にすごいと思います。

良い意味で真似しない方がいいかもしれませんね。

まとめ

今回は【キャッチングの極意】GKはボールを迎えに行くな!というテーマでブログを書いていきました。

キャチングはGKにとって必要な技術であり、美学でもあります。

以下のブログでもオーバーハンドキャッチについて詳しく解説しているので是非ご覧ください。

GKにしか理解できないオーバーハンドキャッチの極意

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事は、筆者の個人的な意見であり、真偽を明確にするものではありません。

参考書籍


ドイツ式GK技術革新 GK大国に学ぶ「技術」と「理論」

-GK, GK技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ストライカーだけじゃない?!ブラジルはGK大国だ!

GKと聞いてあなたはどこの国を思い浮かべますか? イタリア?ドイツ?スペイン? 答えはブラジルです。 こんにちでは、ブラジル人GKが世界中で活躍しています。なぜ彼らが世界中のチームで活躍できるのか・・ …

知っていれば誰でもできる!シュートを防ぐ4種類のダイビング

「無知の知」 これは哲学者、ソクラテスの名言である。 自分が「無知であること」を理解できれば、私たちは賢くなれる。 そして上手くなれる。 僕自身もGKに関して知らないことだらけです。 皆さんは、ダイビ …

イチロー選手もやっていた!テニスボールで目を変えろ!動体視力と判断力を鍛える方法

こんにちは、Atsuyaです。 今日はテニスボールで動体視力と判断力について鍛える方法についてブログを書いていきたいと思います。 結論から申し上げると、テニスボールを2色(赤、黄)準備して約11m離れ …

正しい落下地点へ!@獨協大学 2019/7/2

こんにちは、Atsuyaです。 本日は獨協大学でトレーニングを行ったので、それについてブログを書いていきたいと思います。 7月のトレーニングのテーマは「クロスボール」です。 そして今回のトレーニングの …

中学校1年生でもハーフライン越えのパントキックを!

こんにちは、Atsuyaです。 本日はGKのパントキックについて書いていきたいと思います。 先日、知り合いの指導者から以下のような質問を受けました。 中学1年生の選手に「パントキックをハーフラインまで …

AtsuyaのTwitter