GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK GK技術

【GK:怪我予防】なぜ強いボールを片手で弾くことができないのか

投稿日:2021年3月29日 更新日:

こんにちは、Atsuya です。

本日は【GK:怪我予防】なぜ強いボールを片手で弾くことができないのか

というテーマでブログを書いていきたいと思います。

先日このような質問を受けました。

 

 

「セービングをした際に、ボールを弾くために片手でアプローチしました。

しかし、力負けしてしまいます。どうすればいいでしょうか?」

 

本日は上記の質問に対して僕なりの答えを提示していこうと思います。

結論から申し上げると、

「ダイビングではボールを奪う意識を持ち、肩、肘、手首を一直線しよう!!!」

となります。

本日の概要はこちらです👇

  • ダイビングは腕だけではなく体全体でアプローチする
  • 肩、肘、手首はなるべく一直線
  • ダイビングの原則はボールを奪う

 

では、深掘りしていきましょう。

※僕の中では、セービングはゴールを守ること全般を指すので、

今回ブログではダイビングで片手でアプローチした際の対応について書いていきます。

 

✅ダイビングは腕だけではなく体全体でアプローチする

ダイビングは、腕だけでアプローチしてしまう選手が多いです。

例えば、シュートに対して腕だけでアプローチしてしまい、ボールに力が伝わっていない選手がいます。

ダイビングの原則は下半身から上半身にパワーを伝えることです。

シュートをセーブする際にボールに力さえなければなりません。

例えば右方向にダイビングする場合、左足で地面をしっかり押し出し、右足を前に出して、ボールに対してアプローチします。

地面からもらう力を利用して、それを腕に伝えるイメージです。

もう少し細かくイメージをすると、

足からお腹、そして肩、肘、手首、

そしてボールにアップをするイメージです。

つまり、手だけではなく、身体全体でボールにアプローチするイメージです。

 

✅肩、肘、手首はなるべく一直線

身体全体で、ポールへアプローチすることすることがわかったら、

もう少し具体的な方法を考えていきましょう。

ボールへアプローチする際、肩、肘、手首を一直線にしてアプローチします。

例えるならば、身体を一本の棒のようにします。

身体を一本の棒のようにすることで、

力が直線に伝わります。

その結果、ボールへ強くアプローチすることができます。

✅ダイビングの原則はボールを奪う

そして最後に、ダイビングの原則はボールを奪うということを伝えておきます。

ゴールキーパーは、「ゴール守る」ポジションだと思われてしまいますが、

僕の中では、「ボールを奪う」ポジションです。

【GKトレーニング:ボールを奪いに行く】

「ゴールを守る」ではなく相手から「ボールを奪う」 顔でいくというよりか、

体全体を伸ばしてキャッチしにいく それが出来ないのであれば、手の平の手根骨の部分でボールを奪うイメージ

そのためゴールキーパーのメンタル的にも

「ゴールを守る」のではなく「ボールを奪い」に行くと言うスタンスを持ちましょう。

そうすれば、すべてのアクションが積極的になり、

片手のダイビングでボールにアプローチしても力負けないしなくなるでしょう。

以下のブログでは、ダイビングの原則についても解説しているので興味がある方はご覧ください。

【GKメンタル】「ゴールを守る」のではなく「ボールを奪う」

✔具体的なトレーニング

最後に、ダイビングで力を伝えるためには下半身から上半身にパワーを伝えることが重要です。

パワーとは、力×速さです。

つまり、GKは瞬発力を鍛える必要があります。

そのため、大人であればハイクリーンなどのフリーウエイトを使って瞬発力を高めるようなトレーニングが大切です。

✔ハイクリーンの動画

また中学生や高校生位であれば、ジャンプ腕立て伏せなどをやることで瞬発力を鍛えることができます。

ジャンプ腕立て伏せ動画

まとめ

いかがだったでしょか。

本日は、【GK:怪我予防】なぜ強いボールを片手で弾くことができないのか

テーマでブログを書いていきました。

ダイビングでは、ゴールを守るのではなく、ボールを奪う意識が必要です。

そしてボールに対して強くアプローチするために、身体を一本の棒のようにします。

身体を一本の棒のようにするためには、下半身から上半身に上手く力を伝える必要があります。

そのために、ハイクリーンジャンプ腕立て伏せなどの瞬発力を鍛えるトレーニングが必要です。

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

こちらの記事は、筆者の個人的な意見であり、真偽を明確にするものではありません。

参考書籍・記事

使えない筋肉を大きくして満足するな!SSCをして最大限のパフォーマンスを!

【GKメンタル】「ゴールを守る」のではなく「ボールを奪う」

ダイビングの原則はボールを奪うこと!

ドイツ式GK技術革新 GK大国に学ぶ「技術」と「理論」
ドイツに学ぶ最強GKの育て方 (B.B.MOOK1423)

-GK, GK技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中学校1年生でもハーフライン越えのパントキックを!

こんにちは、Atsuyaです。 本日はGKのパントキックについて書いていきたいと思います。 先日、知り合いの指導者から以下のような質問を受けました。 中学1年生の選手に「パントキックをハーフラインまで …

【GKは「どこへ」ボールを弾き、「どうやって」起き上がるのか?】

弾く方向が決まっていれば、起き上がる方法も決まってくる こんにちは、Atsuyaです。 本日は『【GKは「どこへ」ボールを弾き、「どうやって」起き上がるのか?】』というテーマでブログを書いていきたいと …

勝てる「間合い」に持ち込め!1vs1で勝つトレーニング@獨協大学 

1vs1では何を意識していますか? 1vs1で勝つには自分の『間合い』に持ち込むことが大事です。 こんにちは、Atsuyaです。 本日は2019年9月18日に獨協大学でGKトレーニングを行ったので、そ …

シーズン中のGKトレーニングの構成方法

こちらの記事は 2019年6月24日 に投稿した記事を2019年9月26日に新しく更新したものになります。 こんにちは、Atsuyaです。 先日、以下のような質問を受けました。 シーズン中のトレーニン …

全員が同じ練習を行う必要性とは?GK一人ひとりが上手くなるために。

こんにちは、Atsuyaです。 本日は「GKが毎回、同じトレーニングを行う必要があるのか?」についてブログを書いていきたいと思います。 先日、以下のようなツイートをしました。 結論から申し上げると、 …

AtsuyaのTwitter