GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

サッカー

止まったボールを蹴るな!サッカーにおける非利き足の練習方法

投稿日:

こんにちは、Atsuyaです。

今回は「サッカーにおける非利き足の練習方法」についてブログを書いていきたいと思います。

Man Wearing Black Crew-neck Shirt and Black Shorts Lying on Green Grass at Daytime

結論から申し上げると、非利き足を上達させるには静止しているボールを蹴る練習はやってもほぼ意味がないということです。

理由は単純ですが、サッカーの試合中、非利き足で止まっているボールを蹴ることがほとんどないからです。

そもそもサッカーで止まっているボールを蹴るときはどんな場面でしょうか?

FPの場合:コーナーキック、直接フリーキック、間接フリーキック、ペナルティーキックなど

GKの場合:ゴールキック、 直接フリーキック、間接フリーキック など

これらのシチュエーションの時に非利き足で蹴ることがありますか?

ほぼないですよね。たまに両足を同じように扱える選手がいて、コーナーキックを左足、右足で蹴り分けている選手はいます。

ほとんどの選手は利き足で止まっているボールを蹴りますよね。

非利き足では動いているボールしか蹴らないですよね。 _________________________________________________________________

小学生や中学生に多く見られるのですが、止まっているボールを非利き足で練習している選手が非常に多いです。

よくあるのは、対面で向かい合って20mぐらい距離を取って止まっているボールを蹴りあう練習をしている選手が多いです。

この練習では非利き足は上達しません!

grayscale photography of man opening his mouth

これらについて調べた研究があるので、参考までにご覧ください。 _________________________________________________________________

僕自身も意味もなく、とりあえず非利き足で上手く蹴れるようになりたいと思い、ひたすら左足でゴールキックを蹴っていました。

しかし実際の試合では、右から相手がプレッシャーをかけてきて、左足にボールをコントロールして蹴る場面が多かったです。

しかし、実際に動いているボールを蹴る練習をしていなかったので、上手くボールを蹴ることができず、ハーフライン手前で失速し、失点してしまうことも多かったです。

_________________________________________________________________

もし指導者が選手たちに非利き足の技術に課題を感じているのであれば、以下のような練習がおすすめです。

具体的な練習方法

1.実践的な練習で「非利き足だけ使用可能」という制限をつける

例えば、5vs5+1(フリーマン)のポゼッション練習で非利き足だけと制限します。

サッカーにおいて、非利き足だけしか使ってはいけないというルールはありませんが、非利き足を使えることでプレーの幅が広がることは理解しなくてはなりません。

4vs1などで非利き足だけというのが一番簡単にできるかもしれません。

2.この実践的なトレーニングの後に動いているボールを蹴る基礎的な練習を行ったほうが良い

この段階を踏むことによって、選手たちは自ら試合で起こりそうな場面を想像し非利き足の練習を行います。 _________________________________________________________________

僕自身も非利き足を上達させるのに悩みました。

どうやったら非利き足が上手くなるのかわかりませんでしたが、科学的な方法で非利き足が上達するとわかった時、自信をもって練習することができました。

効率の良い反復練習は上達スピードを速めてくれます。

試合で非利き足を使えるようになりましょう! _________________________________________________________________

参考文献

サッカープレーヤーの非利き足のトレーニングに関する実践的研究–中学1年生のキックについて

著者: 井上 和徳  佐藤 佑

-サッカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

指導者が怒らないための方法

怒らないで指導したほうが良いに決まっている。 そんなことはみんな知っている。 でも怒ってしまう。 怒らないためには自分自身の怒りのトリガーを知ることが大切です。 そして、その怒りのトリガーが発動したと …

指導者の力量が試される?W-upで練習の質が決まる!GKのW-up 15選(ボールフィーリング、コーディネーション等)

指導者はどれだけW-upのストックを持っているかが重要です。 W-upからメインのトレーニングへスムーズに入ることができたら、その日のトレーニングは充実するでしょう。 こんにちは、Atsuyaです。 …

怪我人はボール拾いではない

指導者:「怪我人~、ボール拾い頼む!」 怪我人:「またかよ…せっかくリハビリやろうと思ったのに。」 怪我人:「え?!水入れてきて?(水ぐらい自分でやれよ!)」 怪我人:「あ~あ、またリハビリできずに練 …

ストライカーだけじゃない?!ブラジルはGK大国だ!

GKと聞いてあなたはどこの国を思い浮かべますか? イタリア?ドイツ?スペイン? 答えはブラジルです。 こんにちでは、ブラジル人GKが世界中で活躍しています。なぜ彼らが世界中のチームで活躍できるのか・・ …

10分間の「スリーアップ」が練習を変える!体育学から学ぶW-upで意識すべき3つのこと

「最高!よし今日は良いトレーニングができたぞ!選手の表情もいきいきしてたし、トレーニングの意図も理解してくれたと思うし!」 皆さんに質問です! 良いトレーニングができた! 選手の表情が良かった! トレ …