GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK

プレジャンプは大きく飛ばないほうが良い

投稿日:2019年6月12日 更新日:

こんにちは、Atsuyaです。

今日はGKのプレジャンプについてブログを書いていきたいと思います。

そもそもプレジャンプとは何なのかを説明したいと思います。

プレジャンプとはSSCの一部みたいなものです。

人間は大きな力を発揮させるときに、一度身体を縮めます。

例えば、高くジャンプするときに一旦しゃがみますよね?

つまり反動を使って人間は高く飛ぶとこができます。

SSCについて書いてあるのでもしよかったらもんでください!

GKもシュートに対して遠くに飛ばないといけない場面があります。

プレジャンプとは、GKがシュートを打たれる直前に少しジャンプすることです。

しかし、遠くに飛びたいあまり大きくプレジャンプをしてしまうGKがいます。

多分、反動を使うためです。

大きくプレジャンプをしているGKに「なぜ大きくプレジャンプをするの?」と聞いてみると、「遠くに飛べるから」と言っていました。

今日の結論になるのですが、

プレジャンプを大きくしたところで遠くには飛べないです。

先日以下のツイートをしました。

ドイツで行われた研究によると、プレジャンプによってセービングの優位性はありません。

僕がプレジャンプを大きくやってはいけない最大の理由は、取れるボールが取れなくなることです。

プレジャンプの優位性がないのにも関わらず、遠くに飛べそうという感覚だけでプレジャンプを大きく行い、タイミングが合わず、本来取れるはずのボールを取ることができないのはGKとしてやってはいけないことです。

現代のFWはキーパーのタイミングをずらしてシュートを打ってくる選手が多いです。メッシやスアレスは本当にキーパーのタイミングを外すのが上手いです。

しかしプレジャンプを全くしないで、常にべた足の状態で構えることはおすすめできません。

シュートに対して、リズムをとるために体を上下に動かすこと重要です。

プレジャンプのポイントは、スパイクのポイントが地面から離れるか離れないかぐらいがいいと思います。

ここでブッフォンのcrazyなsaves集を見てください。(笑)

世界一のGKは大きなプレジャンプをしません。

この動画を参考に適切なプレジャンプのメリットを書きたいと思います。

プレジャンプする理由

・リズムを取るため

ブッフォンは小刻みに身体を上下に動かし、シュートに対してリズムを取っています。大きなプレジャンプを行っていないため、常にシュートを打たれる瞬間に両足が地面についています。したがって、ディフェンスに当たったボールにも対応できています。

・構えを修正するため

この動画ではサイドからのクロスボールからのシュートシーンが多いです。そのときブッフォンもクロスステップやサイドステップで移動しています。その際、重心が一定でなくなります。そのため重心を体の中心に戻し、手をいつもの位置に戻すためにプレジャンプを行っています。

このように適切なプレジャンプはチームを救うビックセーブを生み出します。反対に大きすぎるプレジャンプは取れるボールが取れない可能性もあります。その結果チームの士気を下げてしまうことがあります。

チームを救うために自分がしているプレジャンプを考えてみてください!

そしてお互いよりよいGKになりましょう!

参考文献

『ドイツ式GK 技術革新』 by 川原元樹 清水英斗

-GK
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

勝てる「間合い」に持ち込め!1vs1で勝つトレーニング@獨協大学 

1vs1では何を意識していますか? 1vs1で勝つには自分の『間合い』に持ち込むことが大事です。 こんにちは、Atsuyaです。 本日は2019年9月18日に獨協大学でGKトレーニングを行ったので、そ …

フットセーブもセカンドアクションが大事 @獨協大学

手・足・顔・腹、痛くくても死にそうでもゴールを死守しなければならない。 それがゴールキーパーというポジションだ。 こんにちは、Atsuyaです。 本日は2019年9月17日に獨協大学でGKトレーニング …

全員が同じ練習を行う必要性とは?GK一人ひとりが上手くなるために。

こんにちは、Atsuyaです。 本日は「GKが毎回、同じトレーニングを行う必要があるのか?」についてブログを書いていきたいと思います。 先日、以下のようなツイートをしました。 結論から申し上げると、 …

10年前の常識が失点の原因?「足で行くな!手で止めろ!」の嘘

こちらの記事は 2019年8月10日 に投稿した記事を2019年9月15日に新しく更新したものになります。 10年前の常識に縛られていませんか? 「キャッチしに行け!!!」 もしあなたがすべてのボール …

10分間の「スリーアップ」が練習を変える!体育学から学ぶW-upで意識すべき3つのこと

「最高!よし今日は良いトレーニングができたぞ!選手の表情もいきいきしてたし、トレーニングの意図も理解してくれたと思うし!」 皆さんに質問です! 良いトレーニングができた! 選手の表情が良かった! トレ …