GK Atsuyaのブロブ

スマホで日本人ゴールキーパーが成長するために

GK

PKの準備をしていますか?

投稿日:

僕はPKが得意ではないですが、何度か止めたことがあります。

そのPKを止めた試合の数日前にチームメイトと居残り練習をしていました。

遊びでしたけど、PK戦をやっていました。

そしてPKを止めた試合の後、ふと思いました。

PKって練習すれば上手くなるんじゃね?」

Good idea!!!

こんにちは、Atsuyaです。

本日は「PKの準備をしていますか?」というテーマでブログを書いていきたいと思います。

本日の概要はこちらです👇

  • PKが止められないのは練習不足だから? (具体例な練習方法)
  • 小学生PK大会の提案
  • PK戦を行うデメリット

では、上記の内容を深堀していきたいと思います。

PKが止められないのは練習不足だから? (具体例な練習方法)

冒頭で述べたようにPKは練習すれば少しは上手くなると思います。

だからと言って、四六時中PKばかりはやってられませんよね。(笑)

試合中、毎回PKがあるわけではないので。

ですが、ノックアウト方式の試合の前日練習ではどのチームもPK練習をやっています。

その時、GKは何を意識してやっていますか?

とりあえず、PKに必要な技術的要素を知ることから始めましょう。

まず初めに質問ですが、「PKで大切な技術的要素は何だと思いますか?

それはシュートに対してタイミングを合わせること身体を全力で伸ばし切るダイビングを使うことです。

身体を伸ばし切るダイビングは以下のブログで解説しているので是非ご覧ください。

現在一番読まれているブログです!

ダイビングがマスターできたら次の段階に行きます。

PKの時、飛ぶ方向を蹴られる前にある程度決めているGKもいるかもしれません。

またボールが蹴られてから反応するGKもいるかもしれません。

どんなGKもどちらかにダイビングしますよね。

もちろん、真ん中の選択肢もあるので動かないこともPKストップの一つです。

とりあえず、どちらかにダイビングするとしましょう。

その時どんな意識でダイビングを行なっていますか?

ここで一つの提案があります。

PKでダイビングするときはゴールキックラインの角に向かって思いっきり飛びましょう。

理由が二つあります。

1つ目は自然と斜め前にアプローチができることです。

ゴールキックラインの角にめがけて飛ぶことで自然と斜め前ダイビングできるようになり、そしてボールに強くアタックができます。

またPKでは、シュートを打たれる前にキーパーはラインより前に出られらないというルールがあります。

たまに出ているGKもいますが笑

最近では厳しくなってきました。

PKルールの一部です。

ゴールキーパーは、ボールがけられるまで、キッカーに面して、両ゴールポストの間の ゴールライン上にいて、ゴールポスト、クロスバーまたゴールネットに触れていてはな らない。

サッカー 競技規則 第14条 
https://www.jfa.jp/documents/pdf/soccer/lawsofthegame_201920.pdf

先日のJリーグの試合(FC東京vsベガルタ仙台)ではベガルタ仙台のGK、 シロンスク・ヴロツワフ選手がPKで反則を取られてしまいました。

ラインよりも前に出るとイエローカードをもらい、やり直しになってしまうので気をつけましょう。

そのため、GKは少しでもシュートコースを消すために前へアプローチしなければなりません。

なのでゴールキックの角に全力でダイビングする習慣をつけましょう。

2つ目は次のキッカーにプレッシャーをかけることができるからです。

これはPK戦限定ですが、例えGKの予測が外れGKが逆の方向へ思いきり飛んでもそれは無駄にはなりません。

次蹴るキッカーにプレッシャーがかかっているからです。

「あのキーパー普通にダイビングしてゴールポストまで届いてる…これはいいコースに蹴らないと取られるな」

そう思わせたら勝ちです。

もしかしたら、良いコースに蹴らなければという思いがキッカーを焦らせ、PKを外させるかもしれません。

外してもらうのもGKの力量です。

外してもらうために全力でダイビングしましょう。

☑具体的な練習方法

これは高校時代僕がやっていた方法ですが、自分がGKコーチに「右下」「右上」「左下」「左下」と伝えボールを蹴ってもらう方法です。

この時、先に動かないでタイミングを合わせることが大事です。

ボールが来る方向が分かっていても先に動いてしまったら練習の意味がありません。

PKではタイミングを合わせることが大事です。

キッカーが蹴るタイミングで動き出すことを意識しましょう。

また次の段階として、GKコーチに「右」か「左」かを伝えましょう。GKは上下のズレはしっかり対応します。

飛び方としては、下のコースを消すダイビングをしましょう。

そして体と下の手でコースを消し、上にきたボールは上手で弾けるようにしましょう。

神様コースに決められたらキッカーを褒めるしかないですね。

川口選手のPKがかなり参考になります。身長はそこまで高くないもののダイビングの技術がしっかりしていて、何より上手の使い方が卓越しています。

下の手と体でゴールの半分を面のように守り、それより上のボールは上手で守ることが凝縮されています。

以下の動画をご覧ください!

時間のない方は6分30秒~ぐらいから見てください!

川口選手のPKストップは圧巻ですね!

何度見ても鳥肌が立ちます!

もう一つ具体的な練習方法を紹介しましょう。

寝っ転がって足でボールを弾くトレーニングです。

PKでは実際に足で止めなければならないシーンがあります。

もちろん試合中にボールが味方に当たりコースが変わって足でセーブしなければならない場面もあります。

以下のツイートの動画をご覧ください👇

PKでは実際に足でシュートストップする場面も出てきます。

以下の動画をご覧ください

4分45秒ぐらいからご覧ください。

これは2011年女子ワールドカップの決勝、日本対アメリカです。

この試合澤選手の劇的ゴールもありPK戦までもつれました。

日本のGK海堀選手がアメリカのシュート足でストップしました。

お見事ですね。

PKでは足で止める場面もあります。

PKでなくても試合中足でシュートストップする場面があるのでやって損はない練習ですね。


小学生PK大会 の提案

皆さんは「PKチャンピオンシップ」という大会はご存じでしょうか?

簡単に説明すると、PK合戦だけの試合です!

しかし優勝賞金は100万円でした。

僕もtwitterで知ったのですが、参加してみたいなと思いました。

以下のリンクがホームページになっているので気になる方は是非ご覧ください!

PKチャンピオンシップ

そこで本題ですが、これを1ヵ月に一回、もしくは2ヵ月に1回ぐらいでやってみるのはどうかという提案です。

以下のツイートをご覧ください👇

小さい時から、小さいゴールで、小さいGKにPKをたくさん経験させてあげたい。
PKを止めたらヒーローです。
GKは一番かっこいいポジションです。

先ほどから述べた通り、PK戦は練習と同じで経験したぶんだけ上手くなると思います。

小さい時から小さいゴールでいいのでPKを止める経験をさせてあげることでPKストッパーになれる確率は上がると思います。

そして「GKってかっこいいポジションなんだ!」と子供たちに思ってもらえることができたら、いつの日か、日本人GKが世界で活躍できる日が来るかもしれませんね。


PK戦を行うデメリット

メリットはこれまでブログで述べた通り、PK戦は経験したぶんだけ上手くなると思うので、たくさん練習し経験することが大切です。

最後にデメリットだけ書いていきたいと思います。

サッカーにおいて引き分けが重要な場面もあります。

しかしPKを上手くしたいからと言って毎試合PK戦で終えることはナンセンスだと思います。

「引き分け」という概念も大事にするべきだと思う。

強いてPK戦を行うデメリットを挙げるとすれば、引き分けの重要性が理解できなくなってしまうことですかね。

したがって、PK戦のやりすぎには注意しましょう。

たぶん、ないとは思いますが…(笑)


まとめ

PKは試合の流れを大きく左右するプレーです。

キッカーの方が有利だからと言って諦めてはいませんか?

もしPKを止めることができたら、自分のチームに流れを引き寄せることができます。

PKを止めることは、-1を0にするだけではなく-1を+1にしてしまうぐらい価値のあるプレーです。

まずはPKに必要な技術的な要素を知り、練習していきましょう!

そしてヒーローになりましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連ブログ

-GK

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GKはたった5mのために追い込む。今話題のRECOIL360を使ってトレーニングを行ってみた! @獨協大学 2019/9/3

「GKは走らないから楽でいいよな~」 そんなことを言いう人は赫怒します。 たしかに試合中のフィールドプレーヤーに比べたら走行距離は少ないです。 で・す・が・GKは動き出しが重要です! それがたった5m …

メディシンボールでスローイングの練習をしてたけれど科学的にあまり意味がない件

攻撃の起点であるGKの皆さん、ライナー性のボールを投げるスローイングの技術を持っていますか? 僕は持っていません。(笑) こんにちは、Atsuyaです。 今日はGKトレーニングのスローイングの練習につ …

クロスボールを制覇する8つの要素 @獨協大学 GKトレーニングより

こんにちは、Atsuyaです。 本日は7月に獨協大学で行った、GKトレーニング(クロスボール)についてまとめていきます。 前回のブログでは、クロスボールのトレーニングの前に行ったW-upだけをブログに …

日本人の武器!ステップの鬼!自主練習の会!

外国人に勝る日本人の武器! それは「ステップワーク」 ステップの鬼になりたい!(笑) こんにちは、Atusyaです。 本日はステップワークを中心に自主練習を行ったので、それについてブログを書いていきた …

10年前の常識が失点の原因?「足で行くな!手で止めろ!」の嘘

こちらの記事は 2019年8月10日 に投稿した記事を2019年9月15日に新しく更新したものになります。 10年前の常識に縛られていませんか? 「キャッチしに行け!!!」 もしあなたがすべてのボール …